瑞泉 御酒(うさき) 720ml

¥2,776

大戦の戦火をまぬがれ、脈々と生き続けた黒麹菌により奇跡的に醗酵に成功した瑞泉唯一無二の泡盛。

アルコール分30度/720ml

原材料米こうじ
コウジ黒 100%
蒸留方法常圧蒸留
貯蔵方法ステンレス

 

商品コード: 060102 商品カテゴリー: ,

説明

会社名瑞泉酒造(株)
住 所沖縄県那覇市首里崎山町1-35
創 業明治20年(1887年)
紹 介酒銘は首里城内に今も残る“龍桶”をかたどった泉から。泉のように清冽で芳醇な酒造りをめざし、また伝統ある泡盛造りがますます発展し、代々永く受け継がれていくように願い、この泉に因んで銘柄に“瑞泉”と命名したといわれています。
環 境瑞泉酒造は、世界遺産として知られる首里城に隣接し、酒蔵には、毎日多くのお客様が見学に訪れます。沖縄県は日本全国のなかでも歴史的・文化的に他の他府県とは異なる特有のものを持っています。その一つに地酒の泡盛があります。
泡盛のルーツは一般的に類似の蒸留酒が存在することから、中国あるいはタイ(シャム)などの東南アジア地域であろうといわれています。しかし、黒麹菌を用いた酒づくりは他に類をみない泡盛独特のものであるところから、泡盛そのものの醸造法は沖縄独自に生まれ、沖縄の風土・文化の中で育まれたものであるといわれています。
歴 史琉球王朝時代、泡盛は貴重な酒として管理され、首里王府は首里赤田、崎山、鳥堀の三箇村だけに「焼酎職」という職人を住まわせ、直接監督下で泡盛を作らせていました。そこでつくられた泡盛は主に王府の行事や交易品、または江戸への献上品として使われていたようです。その一つ崎山町にあります。瑞泉はその琉球王朝の焼酎職を始祖に持つ蔵で、首里城の隣で、貴重な「古酒(クース)」の伝統と誇りを受け継ぎ、古酒貯蔵量も泡盛随一を誇り、製品ラインナップも豊富です。
造 り泡盛は、米と黒麹菌を原料にした日本国内最古の蒸留酒といわれ、その歴史は15世紀の琉球王府時代にさかのぼります 私たちは、首里の地に受け継がれた伝統の泡盛づくりの技を何よりも大切にした商品づくりを心がけております。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。