梅乃宿 純米吟醸 ひやおろし

¥2,808

山廃仕込みでていねいに醸した純米吟醸を、ひと夏の間、低温の貯蔵庫でじっくりと熟成させました。

秋に味が深まることを目指し、若さを感じるしぼりたてに比べて適度な熟成を経て湛えた芳醇な旨さが魅力です。深い味わいを、さまざまな温度でお試しください。

飲み頃温度

ロック冷やして
5-15℃
冷や
室温
人肌燗
35-40℃
ぬる燗
40-45℃
上燗
45-50℃

◎非常にお薦め ◯お薦め
 相性の良い料理:刺身、焼き魚、おでん、焼き鳥、湯豆腐、鍋物など。 幅広く料理に良く合う。

商品コード: 019540 商品カテゴリー: , , , 商品タグ:

説明

内  容純米酒
原材料米、米こうじ
日本酒度+2.6
酸 度1.9
原料米(酒母・麹)山田錦
原料米(掛米)アケボノ
精米歩合60%
もとの種類速醸もと
仕込み水(硬・軟)葛城山伏流水
醸造元梅乃宿酒造(株)
住 所奈良県葛城市東室27

データは平均的なものです

蔵元の概要

会社名梅乃宿酒造(株)
所在地奈良県葛城市東室27
創業年1893(明治26)年
杜氏名北場広治(南部杜氏)
紹 介

“新しい酒文化”を感じていただける酒蔵を目指しています

その時代のスピードや流れに遅れないようについていくのではなく、次の新しい酒文化を自分たちが創っていくという強い意志を持ち、皆様に“新しさ”をご提案していきたいと考えています。私たちは、新しいことへの挑戦が伝統を守ることにもつながると信じて…。

環 境
歴 史菩提山正暦寺に「日本清酒発祥之地」の碑が建ち、初めて日本酒が醸造されたという言い伝えがある万葉の地、奈良。この奈良の葛城山の麓で、1893(明治26)年、梅乃宿は産声をあげました。少量高品質を守り、大和の地酒にこだわり続けた120年余。いま、重ねた歴史を礎に、新しい一歩を踏み出そうとしています。
造 り蔵平均55%の高精白と手づくりにこだわって造られてきた梅乃宿の日本酒。日本酒の醸造におけるオートメーション化が進むなかで、あえて手間ひまを惜しまない製法を守り、心地よい余韻を残す懐の深い酒を造り続けています。米、麹、酵母、そして水。自然の恵みを活かし、人の手が生み出す高品質な日本酒は、これまでも、そしてこれからも、梅乃宿の自慢です。

【蔵元HPより】

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。