SALE!

ドメーヌ ギセ コート デュ ルション

¥1,836 ¥1,652

きれいなタンニンと滑らかな果実味
バランスのとれた秀逸品

カリニャンとグルナッシュはステンレスタンク、シラーは1年、または2年樽を使用し、約8ヶ月熟成させます。スミレがかったきれいな紫色。赤い果実にガリーグ(南仏のハーブ)や月桂樹の香りが混ざり合っています。フレッシュでバランスのとれた味わい。しなやかで調和のとれた綺麗なタンニンが感じられます。

アルコール分:13% 容量:750ml

赤・フルボディ
shokuji脂肪分の多いこってりした料理やソースやスパイスのきいた料理脂肪分が多くこってりした味付けの重たい料理
ondo15-17℃(冷蔵庫で45分、氷水で10分弱)

説明

ワイン名Domaine Guisset Cotes du Roussillon
葡萄品種シラー、カリニャン、グルナッシュ
フランス
生産地域ラングドック・ルーション
等 級コート デュ ルションA・O・P(原産地統制呼称ワイン)
表示事項果実酒、アルコール分/14%未満、輸入元:(株)稲葉

 

《自家葡萄園元詰のワイン》 生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介  セレクト ヴァン(ネグリ)

レイモン ジュリアンラングドック・ルーションフランス

シャトー ラ ネグリのノウハウを活かして造るコストパフォーマンスの高いワイン。

シャトー ラ ネグリは自家葡萄で造るワインの他に、セレクト ヴァンと呼ぶプロジェクトがあります。これらはシャトー ラ ネグリがプロデュースするワインで、一般的なネゴシアンとは大きく異なり、単に葡萄やワインを購入するのではなく、ネグリのノウハウを活かして栽培、醸造、熟成まで一貫して指導し、最終的なボトリングはネグリの施設で行い、それぞれの生産者名でリリースしています。それぞれのドメーヌには所有者がいて、ワイン造りの指導はラングドックで№1と呼び声の高いエノロジスト、クロード グロとデイディエ ラクローが担当、ジャン ポー ロセが販売・宣伝を担当しています。かつてテーブルワインが主流であったラングドックにおいて、高品質なワイン造りで成功を収めたネグリだからこそ出来る取り組みであり、小さなドメーヌのワインを素晴しい品質にすることで、ラングドックの活性化に大きく貢献しています。
歴史シャトーの歴史は、18世紀にさかのぼります。当時はシャトー ランスリと呼ばれていました。
1807年 「ラ ネグリ」と名乗るようになりました。
1930年代 現在のオーナー、ジャン ポー ロセの母方の一族の所有となりました。
1992年 ジャン ポー ロセが引き継ぐ。
2006年 契約畑だったドメーヌ ド ボエードを取得しました。
オーナージャン ポー ロセ
葡萄園シャトー ラ ネグリ50ha、ドメーヌ ド ボエード25haを合わせて75ha
栽培ネグリの土壌が粘土石灰質であるのに対し、ボエードは砂質ロームと砂岩と、土壌の組成が異なります。畑の管理を行うバスティアン ポー ロセ(オーナーのジャンの息子)が12名の常駐スタッフと共に、1年を通して綿密な手入れを行っています。

データ引用:(株)稲葉

追加情報

ワイン(タイプ)

赤・フルボディ

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。