ラインヘッセン

面積26,268haのドイツ最大の葡萄栽培地域。世界的に知られているのが、ナッケンハイムからニアシュタインを経てオッペンハイムに至る、ラインテラッセ(ラインテラス)と呼ばれる一帯です。ミネラル豊かな斜面の畑(ローター・ハング)、ライン川の至近距離といった、リースリングとその他の晩熟品種の栽培にふさわしい条件が整っています。ライン河に近い「ラインフロント」一帯では、すぐれたワインが生産されています。全体におだやかな酸味とまろやかな味わいが特徴です。
また、平地やなだらかな丘陵地なので機械作業も容易で生産コストが低く、大方はリープフラウミルヒなどの大量生産ワインの供給地です。

20件中1–15件を表示中

20件中1–15件を表示中