ライン河の支流、モーゼル河とその支流であるザールとルーヴァー川の流域一帯に広がる細長い地域で、とくに中流から上流とその支流である2つの河のザール・ルーヴァーの急斜面で銘醸ワインが生まれます。モーゼル河は、くねくねと蛇行を繰り返してライン河に注ぎますが、名醸畑は間違いなくその南向きの急斜面に位置し素晴らしいリースリングが育ちます。しかしそうした畑では機械作業もできず、大変な重労働を強いられます。すっきりとした酸味とかすかに炭酸ガスを含む清涼感のあるワインです。リースリングの故郷といわれ、ドイツワインの13の生産地域で最大のリースリング栽培地域です。繊細さと奥深さを合わせ持ったモーゼル・ザール・ルーヴァー地域のワインは、秀悦揃いで、当店でも最も取り扱いアイテムが多くなっております。

31件の結果の中の1–12を表示