コート・デュ・ローヌ

地中海に流れるローヌ河流域のリヨン市の南、ヴィエンヌから下流のアヴィニョン市まで南北に200kmの距離に及ぶ地域。
この地域は南北に二分されて、北は大陸性気候、南は地中海性気候と気象条件の違いがあります。
北の生産地は、小さな急斜面に葡萄畑があり、花崗岩土壌にシラー(赤)、ヴィオニエ、マルサンヌ、ルッサンヌ種(白)からは、華やかで寿命の長いワインが造られています。
南部では、石礫を含む砂質沖積土と太陽の恵みを受けて、赤ワインは色が濃く、白ワインは力強く、どちらもアルコール分の高いワインが造られています。

  • 世界の生産者元詰ワイン

カテゴリー

商品カテゴリー

  • 梅酒・和リキュール (34)
  • 新商品 (9)
  • おすすめ商品 (12)

ワインタイプで絞り込む

価格による絞り込み

商品タグ