ボルドー

フランスワインで最も有名なボルドーワインは、フランス南西部ボルドーを中心とした一帯で産出されるワインです。フランス全体のA.O.C.ワイン(原産地統制呼称ワイン)の約4分の1を占めガロンヌ河・ドルドーニュ河の両岸と合流するジロンド河一帯に広がる広大な栽培地域で、そのジロンド県全域にわたる地域で「ボルドー」を名乗ることができ、この一帯は世界的に最も有名なワイン産地の一つです。ここで産出される赤ワインは、クラレット(Claret)とも呼ばれます。この地は中世英国領であったため、17世紀にルイ15世の時代になるまでフランスでよりもイギリスで愛されていたためです。また、白ワインについてもソーテルヌの甘口な貴腐ワイン、ソーテルヌ・ワインなどがその高い品質で知られています。
ボルドーワインの大きな特徴として単一の品種からのワインではなく、ボルドー地方の品種を各シャトー独自にブレンドし、その使用割合が異なることです。それぞれの土質に合った品種を主にしながら、多品種を加えることで、バランスのとれた完成度の高いワインが生み出されます。 ボルドー産の赤ワインに使用されるブドウは、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルローといった品種が中心で、適度な酸味と甘みが溶け合い、その繊細な味わいから「ワインの女王」と称されています。ボルドーでもサンテミリオン地区で生産される赤ワインにはメルローの使用割合が多くなり、また違った味わいを持っています。一方、白ワインではソーヴィニヨン・ブランといった品種が多く使用される。しかし、ソーテルヌ地区で生産される甘口の貴腐ワインにはセミヨンが使用されます。

商品カテゴリー

  • 梅酒・和リキュール (27)
  • 新商品 (8)
  • おすすめ商品 (12)

ワインのタイプで絞り込む

価格による絞り込み