Sakezo

東洋佐々木ガラス

東洋佐々木ガラス

明治21年(1888年)、島田孫市は明治政府がガラスの国産興業の礎として築いた品川工作分局に入局する。英国人技師J.スピートより最新の舶来吹きのガラス食器生産の指導を受け、後に全国へ広めることに努力し、大阪川崎村で島田硝子製造所を創業。日本初の食器用口部強化グラス「HS ハードストロング」の生産を開始。安全性と豊富な品揃えで業務用市場を席巻し、現在もトップブランドであり続けている。平成14年(2002年)、「東洋ガラス株式会社 ハウスウエア部門」と「佐々木硝子株式会社」が統合。「東洋佐々木ガラス株式会社」となる。

トップへ戻る