グルメ(美食家)のためのハンドメイド・グラスメーカー
グルメたちの最高レベルの要求に応えるためには、美しさだけでなく機能との完璧なバランスが求められます。
この究極のバランスに、優れた品質を組み合わせて創り出されたのが「神様から授かったワイングラス」DENK’ARTシリーズなのです。
ザルトの創業者は、もともとイタリアのベネチアでグラス生産を営んでいましたが、グラス工芸に適したさらなる場所を求め、その子孫が14世紀初頭より歴史あるグラス工芸の地オーストリア・ニーダーエスターライヒ州北部、ノイナーゲルベルクへ移動。
全てのグラスが鉛を一切使用しないカリ・クリスタル製造方法にて熟練の職人により一脚づつハンドメイド「口吹き製作」のみで創り出されます。
2009年末、ドイツのワインマガジン「STERN」誌主催のブラインド・テイスティング・コンペティションにおいてヨーロッパの名だたる有名10メーカーから各部門に相当するグラス3種類30脚が参加。3部門(ボルドー、ブルゴーニュ、リースリング)すべてに堂々の1位を獲得したことで一大センセーションを巻き起こし、その実力でたくさんのオーストリアのみならずイタリア、フランスなどヨーロッパ各地のワイナリー及びワイン関係者から支持され、とくにここ数年の間、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで導入され始めています。

15件中1–12件を表示中