豊富な経験から生まれるピュアで気品あるワイン

今後の活躍が期待されるラインガウの新鋭

ワイングート クラス

1630 年からヴィンケル、ハッテンハイム、そして 1850 年に現在のエアバッハで畑を所有し、現オーナーでありケラーマイスターを務めるマティアス クラス(写真上)の曽祖父の時代にワイン造りをスタートしました。2014 年に父のヴォルフガングから、マティアスがワイングートを引き継ぎました。ヴォルフガングの時代は一部のワインだけを元詰めしていましたが、マティアスがオーナーになると醸造設備を近隣の広い場所に移転し、少しずつ畑を買い足し、現在 8ha を所有しています。

 

 

マティアスはワイングートを引き継ぐ前は、バート(ハッテンハイム)、シュロス ラインハルツハウゼン、シュロス フォルラーツでケラーマイスターを務めていました。バートではスパークリングワイン造りの基礎を、シュロス ラインハルツハウゼンやシュロス フォルラーツではリースリングのワイン造りの基盤を学びました。これらワインナリーでの経験が、現在のワイン造りに生かされており、畑での作業だけでなく、品種やワインの等級ごとで、発酵に使用する酵母、発酵させるタンクや樽、熟成の仕方など最適な醸造方法を見極め、最良のワインを造り上げることが彼の哲学です。「一種類に特化した生産者もいますが、大切なことは、その時々、シチュエーションにあった最良のものを造ること。」とマティアスは語ります。

 

① SIEGELSBERG ジーゲルスベルク 所有面積:1ha
エアバッハ―村で有名な畑「マルコブルン」の上部に位置する一級畑です。こちらの畑では、リースリングのアルテ レーベン(平均樹齢
25 年、中には樹齢 45 年の葡萄もあります)と、ピノ ノワール(25 年樹齢)を栽培しています。大昔は川があった場所でライン
川から非常に近い場所に位置しています。畝の間は狭く 1.4m です。ジーゲルスベルクは石灰岩、黄土(レス)の土壌です。

② STEINMORGEN シュタインモルゲン 所有面積:0.5ha
ジーゲルスベルクの畑より上部に位置し、砂の多い土壌です。こちらでは 40 年樹齢のリースリングを栽培しています。この一級畑のリースリングはレモンなどの柑橘系のニュアンスを含みます。

③ MICHELMARK ミヒェルマルク 所有面積 3.5ha
ジーゲルスベルクとシュタインモルゲンの間に位置し、少し上部の畑。若い樹齢の樹が多く、主にベーシックワイン用の葡萄を栽培します。

 

畑に対して品質向上のための重要なアプローチ

草(カヴァークロップ)を生やし、樹と樹の競争をさせ、実が大きくなりすぎないようにコントロールします。
また、グリーンハーベストを行い収量制限します。クラスでは 1 本の枝についた房の約半分を落とします。さらに、残した葡萄の房の先端をカットすることで、密粒だった部分に隙間ができ、通気性が良くなります。これにより病害を防ぎ、健全な葡萄が得られます。この作業はコストがかかるため、実際に行っている生産者は少ないですが、質の良い葡萄を得るためにこれを採用しています。

セラー

地下セラーでは主に白ワインを熟成させます。畑から運ばれた葡萄は 1 階でプレスした後、重力を利用し、地下のタンクに移すグラビティフローを採用しています。

醸造について

 

アルコール発酵は選別酵母を使用します。スタンダードクラスのワインに関してはステンレスタンクで発酵させます。ステンレスタンクの発酵温度は 16~18 度に保ち、発酵期間は約 4 週間です。上級クラスのワインは複雑さを出すために、一部、天然酵母を使い樽で発酵させます。発酵はおよそ 20 度で 8 週間ほど行います。自社で経営するレストランの隣にあるセラーでは、主に赤ワイン、アルテ レーベン、エアステス ゲヴェックスのワインを熟成させています。
ドイツ産の樽は父から受け継いだもので、マティアスがワイングートを引き継いでからはフレンチオークも取り入れるようになりました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA