ポルトガルワイン

 

木下インターナショナル

ポルトガルワインの歴史は古く、紀元前5世紀にはフェニキア人によってブドウ栽培が始められました。8世紀から11世紀まではイスラムの支配により一時停滞しますが、キリスト教徒が領土を回復してから再びワイン造りが盛んになりました。ポルトガルは大西洋に面し、スペインと隣接しており、12世紀まではスペインに属していたことから、スペイン同様古くからワイン造りが盛んです。高温多湿で降雨量が多いものの、太陽に恵まれ昼夜の温度差が大きいため、良質のぶどうが栽培されます。

12世紀にスペインから独立してからもワイン造りは行われ、伝統的な栽培法や醸造法をもとに近代的醸造技術を採り入れることによりポルトガル固有のワインを造りあげてきました。

主なワイン生産地はドウロ、ヴィニョ・ヴェルデ、ダン、マデイラの4つの地域。17世紀にはマデイラ島で造られるマデイラワイン、18世紀にはドウロ川地域・ポルトのポートワインが登場し、これらはスペインのシェリーと並んで世界三大フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)と呼ばれています。

日本に最初に伝わったワインは、戦国時代、ポルトガルのポートワイン

また、ポルトガルは歴史的に日本との繋がりが深く、16世紀の半ばにヨーロッパから初めて日本に訪れたポルトガル人によって、キリスト教や鉄砲とともにワインが伝えられました。ポルトガルワインはポルトガル語で赤ワインを意味するTinto(ティント)から「珍陀(ちんた)」と呼ばれ、戦国時代の武将も珍重したと言われています。

閉ざされていたことが、独特の個性が残ることで注目のポルトガル

しかしながら20世紀の中盤以降、サラザール独裁政権の下、半鎖国のような状態が続き、ポルトガルワインはそのほとんどが国内で消費されていたため、この時期、ポートワイン、マデイラワインや一部のワインを除き、ポルトガル産のワインは国際的な舞台からは遠ざかっていました。1974年の「カーネーション革命」の後、1986年のEC(現在のEU)加盟を果たし、ポルトガルワインの市場は国内からヨーロッパそして世界に拡大されました。EU新規加盟国ポルトガルの産業基盤を強固にするために、EUとしてポルトガルの産業振興へ数々の支援を実施。ここで最も期待されたのはワイン産業でした。

ポルトガルの生産者たちの目の前に最新のワイン製造技術と大きな市場が広がりました。EUの経済的支援もあり、ここからポルトガルのワイン造りは激変します。もとより有史以来の長いワイン造りの伝統を持ち、国土のほとんど全ての場所でブドウが栽培され、個性あふれるワインを生産しているポルトガルに最新の醸造技術を学んだ新世代の造り手達が、EUのバックアップもあり次々と革新的なワインを生み出すに至りました。この状況はワイン消費国にも知れるようになり、最初は安くて美味しいワインの生産国として知られ、2000年以降は世界の銘醸ワインに勝るとも劣らない素晴らしいワインを生み出す産地として著名な評論家に認められるようになりました。
今や世界のワイン愛好家が次はどんなワインが出てくるかと、最も注目されるワイン産地に位置づけられるようになりました。

ポルトガルでは、単独品種によって造られたワインは少なく、何種類かのブレンドによって造られています。各地域で地域独自のぶどう品種を用いることもあり、地域ごとに個性的なワインとなっています。生産されているワインの約65%が手軽に楽しめる日常消費用ワインです。

ポルトガルワインの産地

 

ドウロ
Douro
ドウロ川上流の流域に広がる地域。生産量の約60%がスティルワイン、残りの約40%はポートワインが占める。ポートワインは製法、品質分類などが厳しく規定されている。

●ワインの特徴

スティルワインは適度の酸と豊かなボディの辛口白ワインや、コクのある力強い赤ワインが多く造られている。ポートワインは一般的なものは甘口だが、さまざまな種類がある。

ヴィニョ・ヴェルデ
Vinho Verde
ポルトガル北部にあり、ポルトガル最大のDOC生産地域。生産量の約70%が白ワイン。

●ワインの特徴

白ワインは酸味の強い軽快な若飲みタイプを中心に、コクのある辛口白ワインも造っている。

ダン
Dao
ポルトガル中央部より少し北西に位置し、ダン川流域に広がる地域。冬と夏の温度差が激しく、特に夏の暑さによって果実が熟し糖度が上がる。生産量の約80%を赤ワインが占める。

●ワインの特徴

赤ワインは色調も濃くドライで力強いタイプ。白ワインは果実味豊かでフレッシュなタイプ。

マデイラ
Madeira
大西洋に浮かぶポルトガル領マデイラは、ポルトガル語で「森の島」を意味する。酒精強化ワイン「マデイラ」で有名。

●ワインの特徴

カラメルソースのような独特の風味。辛口から甘口まで4タイプある。

ポルトガルは、世界で初の原産地呼称管理法を制定した国

ポルトガルは、世界で初の原産地呼称管理法を制定した国で、制定したのは1756年のことでした。1987年以降はEC(現EU)に加盟し、ほかの国と同じように産地限定高級ワイン(VQPRD)とテーブルワインの2つのカテゴリーが制定され、現在は次のような4つに区分されています。

●DOP(デノミナシオン・デ・ オリヘン・コントロラーダ)

(原産地呼称統制ワイン)2009年変更(旧 DOC)29 地区

?指定された8地域とサブの5地域があり、生産地域をラベルに表示することができる。
※2009年変更(旧 Vinho Regional:ヴィーニョ・レジョナル)

●Vinho de mesa(ヴィニョ・デ・メザ)

(テーブルワイン)ポルトガル全域

出典:木下インターナショナル

 


ポルトガルワインの商品はこちら