アルゼンチンワイン

アルゼンチンワイン

地図:Mercian

南米ではチリと並ぶワインの一大生産地であるアルゼンチン。ブドウの栽培面積は約22.4万haで、ワインの生産量はなんと約9億4500万リットル!ワインの生産量は世界5位、消費量は8位といずれも世界トップクラスです。(2016年)

栽培地域は雄大なアンデス山脈の麓にあり、海からの風が山によって遮られ、かなり乾燥しています。ブドウ栽培には冷涼な気候が必要なため、ブドウ栽培は標高の高いところに畑を切り開いて行われています。

大規模生産が特徴のアルゼンチンワイン。乾燥して日照量が多く、昼夜の気温差が多いアルゼンチン。そのおかげでブドウは病害やフィロキセラによる被害の心配がなく、農薬の使用量も抑えられます。またアンデス山脈のミネラルが豊富な雪解け水を利用した灌漑(かんがい)システムも発達しています。

アルゼンチンワインが躍進したのは1990年代から。市場が開放され、海外の生産者が次々に進出し、最新の栽培方法や醸造の技術を持ち込みました。アルゼンチンのポテンシャルに世界が注目していたことがよく分かります。

主な生産地域

アルゼンチンの北部地方には、サルタ州、カタマルカ州、トゥクマン州があります。南部はパタゴニア地方といい、リオ・ネグロ州やネウケン州、ラ・パンパ州があります。中央部であるクージョ地方には、ラ・リオハ州、サンファン州、メンドーサ州があります。

・メンドーサ州

世界10大ワイン首都の1つとされており、2016年には世界最優秀ソムリエコンクールも開催されています。マルベック種、カベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロ種、テンプラニーリョ種などが盛んに栽培されています。

・サンファン州

アルゼンチン第2のワイン産地とされ、栽培面積は47,000ha以上。晴天日は年間平均330日と天候にとても恵まれている地域です。カルベネ・フラン種、シャルドネ種、ヴィオニエ種などが主に栽培されています。

ブドウ品種

アルゼンチンの主要品種としては、黒ブドウがマルベック種、白ブドウがトロンテス種。この2つが2大品種です。

マルベック種はフランス原産。しかし、アルゼンチンの風土によく合ったため、アルゼンチンがその魅力を世界に広めました。みずみずしくて酸っぱいラズベリーや豊かな味わいのブルーベリーなど、収穫年や品質、樽熟成の期間によって様々な表情をもちます。果実は色素が豊富で、ワインの色はかなり濃い赤です。

トロンテス種はスペイン原産のブドウ品種で、香り豊かな品種ながらフレッシュな酸のニュアンスもあります。こちらも収穫年や品質、樽熟成の期間によっていろいろな味わいが楽しめます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。