ブルゴーニュ Bourgogne

フランスワインの王 ブルゴーニュワイン

 

フランス内陸部のやや東に南北に広がるボルドーと双璧をなす大銘醸地。といってもボルドーとは異なり、まとまった大きなブドウ栽培地ではありません。最も北に位置するシャルドネの辛口白ワインで有名なシャブリ地区は、首都パリを通り大西洋に注ぐセーヌ河支流にあり、シャブリ地区以外は南北に流れ地中海に注ぐソーヌ川沿いの主としてディジョンからリヨンに至るまでの細長い地域で、その中でもとりわけ重要な地区はその最北部で、ブルゴーニュの心臓部、“黄金の丘”=コート・ドール。北半分はコート・ド・ニュイ、南半分がコート・ド・ボーヌの両地区から成り、前者は赤、後者は白に銘醸ワインが多いです。ここから少し下ると親しみやすい赤、白、ロゼの産地コート・ド・シャロネーズとマコネー地区、続いてガメイ種によるブドウ風味豊かなフレッシュな新酒の赤ワインで知られるボージョレとなります。

数種類の品種から生まれる繊細なボルドーワインはフランスワインの女王と呼ばれるのに対し、香り高く力強い味わいを特徴とするブルゴーニュワインは“フランスワインの王”と称えられます。

ブルゴーニュワインの特徴

ボルドーワインが数種類のブドウのブレンドによって生まれるのに対し、ブルゴーニュでは、2種類以上の品種をブレンドすることは稀で、単一品種から造られます。全体の80%以上が白はシャルドネ/Chardonnayと赤はピノ・ノワール/Pinot Noirで占められています。ブルゴーニュ/Bourgogne のぶどう畑にはほかにも、ガメイ/Gamayとアリゴテ/Aligotéが栽培されています。ブルゴーニュのぶどう栽培醸造家は、主に4つのぶどう品種に特化しています。

  • ?シャルドネ/Chardonnay(白)、ぶどう栽培面積の48 %
  • ピノ・ノワール/Pinot Noir?(赤)、ぶどう栽培面積の 34 %
  • ガメイ/Gamay(赤)ぶどう栽培面積の10 %
  • アリゴテ/Aligoté(白) ぶどう栽培面積の6 %

そのほかのぶどう品種(ソーヴィニヨン/ Sauvignon、セザール/César、ピノ・ブーロ/Pinot Beurot、サシィ/Sacy、ムロン/Melonなど)はおよそ2%。

しかし、単一品種を用いながらもその性格は極めて多彩です。この地方が、太古スイスアルプスと中央山脈の隆起に挟まれてできたため、変化に富む地質をもち、それが複雑に入り組んでいるためです。ワイン造りの歴史は古く、ローマ時代まで遡りますが、今日の名声を築くもととなったのは、12世紀、シトー派修道僧による葡萄畑の開墾です。かのロマネ・コンティ、クロ・ド・ヴージョなどの高価な銘酒がこうしたシトー派修道院領であった畑から生まれました。ボルドーでは銘醸ワインはシャトーと呼ばれる葡萄園が一括所有していますが、ブルゴーニュは豪壮な屋敷はありません。教会に属する大きな領地も少ないながらありましたが、その大半は、革命後、農地は細分化されて払い下げられたため、狭い面積に多くの所有者がいて、フランスの重要なブドウ栽培地の中で、もっとも細分化されている地区の一つです。

この分割が原因で、ブルゴーニュワインに大きな困難さを生みました。ブルゴーニュでは細分化された畑をクリマ(区画畑)と呼びますが、さらに6、7人によって分割所有している場合がほとんどです。畑の位置、醸造技術の差により、同じ品種を原料にしていても違いが生まれます。そういうわけで、ブルゴーニュ・ワインのおよそ65%は、新酒のうちに酒商(ネゴシャン)が樽のまま買い取り、同じAOCの他のワインとブレンドして一定水準の量のワインを造ります。熱心な生産者や醸造家が自分で瓶詰めして発売するワインや信頼が置けるネゴシャンを選ぶことが重要です。


ブルゴーニュワイン商品はこちら

知る・楽しむ