ドイツワインの知識 品評会とラベル表示

ドイツワインのラベルの読み方

輸入ワインのラベルが分からない、とくにドイツワインのラベルは文字が多く、さっぱり分からないと思われる方が大半ではないでしょうか。ドイツ人気質というか几帳面というのでしょうか、たしかに世界で最も長いワイン名になっています。もともとドイツワインは、モーゼルやラインガウ地域の一部の名醸畑以外に村名や畑名は記載しなかったのですが、他の生産者や生産地域でも同様に畑名が付けられ、「収穫年」+「村名」+「葡萄畑」、そして「ブドウ品種」+「等級」がワイン名となりました。

それはそれとして読み方が理解できれば、世界で最も親切なワインのラベル(エチケット)であるということ言えます。実は単純明快で、すべてドイツワイン法で定められた表示義務以外のものは表示されていない(できない)のです。従ってある程度の知識があれば、そのワインがどういうワインなのかが誰でもおおよそ推測できるのです。

[ラベル例]

[例] 1996 ハルガルテナー シェンヘル リースリング シュペートレーゼ トロッケン
ブランド名(醸造所)prinz
① APNr.(アーペーヌマー:公認検査番号)

読み方は下記をご覧下さい。

② 産地名(ワイン名) HALLGARTENER SCHŐNHELL?(ハルガルテン村のシェーンヘル「美しく明るい」畑:単一畑産)

上級ワイン(クーベーアーQ.b.A.)以上のドイツのワイン名は、

村名に-er(-の)が付き葡萄畑が併記されます。

③ 収穫年度(1996年に収穫した葡萄を原料にしていることを示しています。)

ワインの出来は当たり前ですが原料であるぶどうという農産物に左右されます。ヴィンテージを冠してそれぞれのクラスのワインを発売したということはそれ自体で葡萄がよく熟し糖度のある年にしかシュペートレーゼ以上の高級ワインは生産できませんから、クーベーアー(上級酒)から高級酒に至るまで、生産できた年度は間違いなくそれぞれの規定に達した良い年ということになります。良作年でクーベーアー(上級酒)で発売するワインが亡いために、わざわざシュペートレーゼ(遅摘み高級酒)クラスの糖度に達したブドウから格下げしてカビネット(肩書付高級酒)やクーベーアー(上級酒)で販売することはありますが、ヴィンテージはワインを購入するときの参考にはなりますが、出来の善し悪しではありません。

④ 品種-生産地域-等級-辛口

リースリング種を使用していることを示します。(ドイツワイン法では、その品種が85%以上使用されていれば品種名を表示できます。高級な生産者のワインはリースリング100%ですが、必ずしも品種の明記は義務ではありません。)

13の生産地域のうちラインガウ地域で産出したことを示しています。

品質等級が“肩書き付高級酒群”の“シュペートレーゼ(上記)”の基準を満たし、トロッケン(辛口)ていることを示しています。

⑤ 等 級 Q.m.P.”肩書き付高級酒群”のシュペートレーゼ(遅摘み)

下位からカビネット(見本タイプ)、シュペートレーゼ(S)、アウスレーゼ(A)、アイスヴァイン(氷果)及びベーレンアウスレーゼ(BA)、トロッケンベーレンアウスレーゼ(TBA)

⑥ エルツォイガーアプフュールンク(生産者元詰め)

⑦ アルコール分が12.0%であることを示します。

⑧ 容 量 750ml

アーペーヌマー A.P.Nr.(公認検査番号)


クーベーアー以上の上級、高級ワインはA.P.Nr.が表示されます。次の3段階の品質検査に合格しなければなりません。

1)第1段階 : 摘果時の熟度検査

2)第2 〃  : 化学分析検査

3)第3 〃  : 官能検査(テースティング)

アーペーヌマー

A.P.Nr.の読み方

[例] A.P.Nr.  30  148  008  (***)  97

?   ?   ?   ?
?

? 公的検査機関の登録番号

? 生産者の所在地の登録番号

? 生産者の登録番号

? 生産者のその年に申告したワインの通し番号

? 検査された年号

ドイツ農業省委託の検査当局は、何らかの問題が起きた時のために、生産者から提出されたすべてのワインが、各2本封印されて保管されています。そして当局はA.P.Nr.をもとに、世界で最も厳しいチェック体制を敷いています。いつでもそのワインの原産地までをチェックすることができます。

その他のラベル表示

ドイツワインのラベルの、主な記載について説明します。
但し、すでに著名な大ワインや醸造家では出品しない場合が多く、賞に選ばれたワインは美味しいワインの証明ですが、張っていないワインが劣るというものではありません。また、品評会は日本に輸出された後に行われる場合があり、受賞していても張られていない時があります。信頼できる輸入元では、実際に品評会での受賞が知らされる以前にいずれのワインもテースティングして、品質:価格的に自信をもっておすすめできるワインを輸入しております。ドイツワインは、ワインごとにドイツワイン法における公式品質検査(A.P.Nr)を受けなければなりません。
さらに生産者は、「ドイツワイン保証印」や毎年行われる地域的な品評会に出品するためには、もう一度官能検査を受けて、A.P.Nrの最低基準よりも高い一定基準の評点に達しなくてはなりません。

「ドイツワイン保証印」

赤色のシール甘口

中間

黄色のシールはトロッケン(辛口)

 

品評会
ラインラント・プファルツ州品評会

ラインラント・プファルツ州品評会金賞受賞シール
ラインラント・プファルツ州にあるモーゼル・ザール・ルーヴァー、ナーエ、ラインヘッセン、プファルツの出品ワインを、生産者らが審査員になって賞に選ばれます。金、銀、銅賞があります。選ばれたワインはビンの首にそれぞれの色の細長いシールか丸いシールが貼ることが許されます。
DLGドイツ農産物大賞
dlg

《DLGドイツ農産物大賞グランプリ》

ドイツ農業協会が主催する国内唯一のワイン全国コンクールです。本部はフランクフルト。グランプリ、銀賞、銅賞があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です