ドイツワイン

本格的なドイツワインの味わいを皆様に

「ドイツワインは甘い。食事に合わない。」という印象をお持ちではありませんか?それは大きな誤解なのです。これまでは日本や外国に輸出されるドイツワインの50%以上を占めるとされる「リープ○ラウミルヒ」に代表されるような、産地ごとにブレンドされ、補糖された「銘柄ワイン」といわれるドイツワインであり、そうした平坦な酸と甘さのドイツワインが、ドイツワイン全体のイメージを損なっているといわれます。日本でも初期にはワイン入門向きであり、最も輸入量の多いのがそうしたドイツワインでした。

ところが、ここにご紹介するような現時点で評価の高い銘醸家たちが、一流の単一畑で栽培したブドウから精魂込めて造られる、豊かな酸と果実味のあふれた本格的なリースリング・ワインの味わいは全くグレードの異なるものです。もし、まだ本格元詰ワインをお飲みになっておられないとしたら、僭越ですが、「ドイツワインを語る事なかれ」だといつも思っています。その芸術品とも言うにふさわしい洗練されたデリケートな味わいにきっと驚かれることでしょう。

品種名(セパージュ)ワインは、ドイツワインが最初

最近ではセパージュワイン(品種名ワイン)といって、カリフォルニア、オーストラリアや南フランスのヴァンドペイ(地酒)、向上著しいワイン新興国であるチリ、アルゼンチンなど新大陸や国産のワインでも、シャルドネ、ソーヴィニオン・ブラン、カベルネ・ソーヴィニオン、メルローなどの単一品種でワインを仕込み、ラベル表示したワインが多くなりました。

でも、最初に使用する葡萄品種をラベルに表記することを行ったのはドイツワインなのです。

ワインは原料である葡萄を発酵させてつくる世界最古のお酒です。したがって、原料であるぶどう品種とその出来具合がワインの風味に大きな要素となります。したがって、そのワインの風味を知る目安として、ラベルにある品種名が表示してあればワイン選びの一つの目安になります。

これと正反対なのがフランスのとくにボルドーワインのように複数の品種をブレンドしてつくられるワインで、品種表示をしません。各シャトーでは使用割合は異なり、年によってその仕様割合は変化します。それがそのワインの個性となります。といってもボルドーをはじめA.O.C.(法定原産地統制呼称ワイン)では生産地域で使用できるぶどう品種は規定されています。

ドイツワインのラベル表示

フランスワインなど世界中の主要なラベル表示とは全く対照的に、ドイツワインでは、ドイツワイン法の規定によって次のように詳しく表示し、これがワイン名になっています。

  • Weingut Emirich-Schönleber エミリッヒ シェンレバー醸造所
  • Nahe ナーエ (法定栽培地域)
  • 1994er 1994年 (収穫年)
  • モンティンガー フリューリングスプレッツエン(モンティンゲン村の春の広場)畑
  • Riesling Auslese リースリング種(ぶどう品種) アウスレーゼ(選房遅摘み)★★★(スリースター)
  • クワリテーツヴァイン ミット プラディカート(肩書き付き高級酒)
  • アルコール分:10%     (容量)750ml
  • Product of Garmany(ドイツ産) エルツオイガーアプフールンク(生産者元詰)  APNr(検査認定通し番号)
  • 所在地 D-55569 モンティンゲン、ナーエ

つまり、このワインは、

1994年に収穫された、モンティンゲン村の春の広場畑で、リースリングの葡萄品種で造られた、「肩書き付高級酒=Q.m.P.」のうちの、アウスレーゼ(選房遅摘み)でしかも蔵元が最高クラスである自信作という意味で★★★スリースターです。

こうした表示は、ごく一部の大変著名なために村名を省いてもいい4つの大銘醸ワイン(オルツタイルラーゲ=“シュタインベルガー”、“シュロス ヨハニスベルガー”、“シュロス フォルラーツ”、“シャルツホーフベルガー”を除く。詳しくはドイツワインのラベルの読み方をどうぞ)

ドイツワインでは、葡萄品種名を表記する場合、一つの品種が85%以上でないと表示できませんが、銘醸ワインではまず100%リースリング種です。

ドイツワインのラベルの混乱と弊害

しかし、ドイツのすべての畑に名前を付けるようになったのは、1950年の法改正からですが、それまではごく一部の一流畑以外では、畑の名前を冠して自らが元詰めして瓶詰めすることは少なかったのです。

ブドウ品種表示や等級は、ドイツワインの知識をある程度知っておられる方には便利なものの、こうした一つの生産者が単一畑で、栽培から醸造・瓶詰までを行った超一流畑の「生産者元詰めワイン」なら理解はできますが、これとは別に、全生産地域でQ.b.A.(クーベーアー)以上のワインを、すべて「収穫年+村名+畑名+等級」で表示するようになりました。長いワイン名は言いにくく、ドイツ人でさえも詳しい人は少ないのです。ドイツ人の生真面目とされる国民性からでしょうか?銘醸畑の高級ワインならまだしも、しかし、日常的なワインや、また、そうした単一の畑内ワインなら理解できるとしても、紛らわしいものが、「地区内の集合畑産ワイン」で、集合畑ワイン(グロスラーゲワイン)です。

ドイツワインのラベル表示は世界でも例がないほど親切なのですが、単一の畑で造られたワイン以外の地区ごとに集荷されブレンドされた“集合畑名ワイン”までもが、畑名であると誤解しやすいことや、長い名前がかえってドイツワインに対してラベルが読めない人にはわかりにくさにつながってきたのも事実なんです。
例えば

  • ピースポーター・ミヒェルスベルグ(ミヒェルス山)/モーゼル地域
  • ツェラー・シュバルツカッツ(黒猫)/    〃    地域
  • オッペンハイマー・クレーテンブルンネン(ひきがえるの泉)/ラインヘッセン地域
  • ニアシュタイナー・グーテスドムタル(良い大聖堂谷)/   〃   地域

などがお馴染みですが、これらはその地区(ベライヒ)内の集荷葡萄もしくはワインを瓶詰業者がブレンドしたワインのブランド名で実在しない畑です。また同様に同一地区内産のワインであれば、例えば「ベライヒ ベルンカステル QbA」(ベルンカステル地区のクワリテーツワイン)のような名称で販売することが認められました。

多くの生産者元詰の単一畑名ワインと同じクラスのような誤解を招きやすく、本格的な単一畑産の生産者元詰めワインを知らない多くの消費者が、そうした補糖された大量消費用のドイツワインを、「ドイツワインは甘い」というイメージを与えてきたことで、ドイツワイン全体のイメージを悪くしてきたことは否めません。日常ワインにこのような長い表記が必要なのかどうか。

さらに「商標ワイン」というタイプがあります。

有名なものに

  • リープフラウミルヒ(「聖母の乳」) ラインヘッセン、ファルツ、ナーエの3大栽培産地域で作られた輸出用の50%を占める生産量の多い商標ワイン
  • モーゼルブリュムヒェン(「モーゼルの小さな花」)モーゼル地域産の商標ワイン
  • モーゼルターラー(モーゼル谷) 上記と同様
  • バーデン ドライ(辛口)

などがあります。

ドイツワインラベルの表示の簡素化

日常消費ワイン(Tafel wein)である「商標ワイン」はともかくとしても、「集合畑ワイン」や、ドイツワインのピラミッドの頂点に立つべき、ごく限られた名醸畑の単一畑ワイン以外の畑までもが、「村名+畑名+等級」で表示するというのは、むしろドイツの伝統的な表示スタイルではなく、難解かつあまり意味がないのではないかということです。

ドイツワイン全体を甘ったるい白ワインと誤解を与えたり、単一畑産ワインであるような誤解を与えやすいという一流生産者の間から声が高まり始めたのも当然でしょう。
最近になってラベルを簡素化しようという運きが V.D.P.(ドイツ高級ワイン葡萄園連盟) などのドイツワイン生産者ではじまりました。それが「醸造所名ワイン(グーツワイン)」で、自家葡萄園内産ワインに限られます。ボルドーでいうシャトーワインの名称に相当します。
V.D.P.メンバーが所有する畑は、他の畑からみるとはるかに素晴らしいワインを産みますが、厳しく超一流畑で素晴らしいワインができた時だけ、前述のように「1996 ヴェーレナー ゾンネンウーア リースリング カビネット」という葡萄畑名で瓶詰めするような動きが増えてきました。

グーツワイン(Gutswein=醸造所名ワイン)

そのような反省と見直しが、最近ではV.D.P.(銘醸ドイツワインメンバー)などトップ銘醸家を中心にして、すべて自家葡萄園産で同じ単一畑であっても、Q.b.A.には単一畑であっても表記ができなくする規定によるもので、また、単一畑ではない所有畑内の複数の畑のワインでも、「醸造所(guts)名だけ」にして、ラベルを簡素化しようとする動きがあります。これも出来が良い場合のみで、それ以外の並クラスのワインは、Q.b.A.以下に格下げしたり、ネゴシャン(醸造業者)に売ります。

  • Joh. Jos.プリュム(ヨハン ヨゼフ プリュム) クーベーアー
  • フリッツ ハーク クーベーアー
  • シュロス リーザー クーベーアー
  • グランツ ファシアン クーベーアー
  • モンティガー リースリング クーベーアー
  • リンゲンフェルダー リースリング クーベーアーなど

また、V.D.P.(銘醸ドイツワインメンバー)以外でも、「生産者と葡萄、等級」のみに簡素化した表示にし、旧来の表示を小さく併記する動きも増えています。

  

(左)ベルデン 2014 リースリング クワリテーツヴァイン|モーゼル

ベルデン(醸造所) 、2014年収穫 、リースリング種、クワリテーツワイン(上級酒)、モーゼル(栽培地域)

(右)ランゲ リースリング 2014 トロッケン|ラインガウ

(醸造所)、 リースリング種、2014年(収穫)|トロッケン(辛口)、ラインガウ(栽培地域)

ドイツの新しい辛口ワイン「Classic クラシック」


統一ロゴマーク
 クラシック(Classic)は、2000年産から認められた辛口ドイツワインの新しいカテゴリーです。「クラシカルなその産地特有のぶどう品種から造られた高品質のワインであることを示し、味わいはしっかりとして力強く、香りが高く、バランスのとれた辛口であること意味する」。つまり、これまでのように辛口を表す「トロッケン(Trocken)」(シュペートレーゼ トロッケン等:原料ぶどうがシュペートレーゼの規定糖度で辛口に仕上げたという意味)の表示は高級甘口ワインのシュペートレーゼ(遅摘み高級酒)と紛らわしいので使用しない方向で、消費者にとってよりわかりやすいようにと考えられた表示です。2001年(2000年産)からなので、まだそうしたワイン表示は少ないですが、今後はこうした表示に切り替わっていくと思われます。同様に「セレクション(Selection)」(=最高級辛口ドイツワイン)もあります。

新旧ドイツワインのラベル表示

表示収穫年度、葡萄品種、クラシック(Classic)、地域名は必載。村名、単一畑は表示できない。

[例]2000 シルヴァーナー クラシック クーベーアー

規 定
残糖量15g/Lまで
旧辛口新表示(辛口)甘口
アウスレーゼ トロッケン

シュペートレーゼ トロッケン

カビネット トロッケン)

クラシック
セレクション
トロッケンベーレンアウスレーゼ

アイスヴァイン

ベーレンアウスレーゼ

アウスレーゼ

シュペートレーゼ

カビネット

クーベーアー トロッケンQ.b.A.(クーベーアー)は表示する場合あり

例:クラシック クーベーアー

クーベーアー(Q.b.A.)
ターフェル ヴァイン(Tafelwein=テーブルワイン:日常酒)

ドイツワインの知識 品評会とラベル表示

  ドイツワインのラベルの読み […]

ドイツワイン生産地

ドイツワインの生産地域 上級ワイン以上は […]

生産者と醸造者と瓶詰人 

生産者と醸造者と瓶詰人   ■ […]

ドイツワインの誤解を受けやすい自然現象

誤解を受けやすい自然現象 ●酒石について […]

ドイツワインの品質等級

  Contents0.1 ド […]

ドイツワインの代表的品種

ドイツワインの代表的葡萄品種 ラインヘッ […]

2001.12-2016.7


ドイツワイン商品はこちら