オーガニック(有機)ワイン

自然志向の商品でよく見かける「オーガニック」という単語。実はワインにもオーガニック商品が存在します。

オーガニックワインの特長とは?

化学物質を使わずに栽培されたブドウによって造られたのが、オーガニックワイン。保存料や香料が使われていないことが特長です。

有機栽培で造られたワイン

オーガニックワインの原料となるブドウには、厳しい基準が定められています。

遺伝子操作はもちろん、化学肥料や農薬、除草剤なども使用せずに造られた作物でなければなりません。土を栄養たっぷりにするために使う肥料も天然のもの以外は使えません。

畑に使われた肥料などをきちんと記録しないと、そこでとれたブドウがオーガニックかどうか分かりません。

そのため、オーガニックのブドウはいつどこで誰が造ったのか、どんな方法で造ったのかがわかります。

有機栽培で作るメリット

ワインになる前のブドウの段階から、どのような環境で育まれてきたのかが分かるオーガニックワイン。安心して口にできることは、健康意識の高い現代人にとって欠かせないポイントです。

更に、残留農薬の心配がなく、環境にも私たちの体にも優しい有機栽培のメリットは、味にも現れます。

添加物を使用しない、もしくはごく少量に抑えることにより、できあがったワインには畑や醸造家ごとの個性がより強く出やすいと言われます。

自然な味に仕上がっているものも多く、素材の味を生かした料理との相性をより楽しめるのも大きなメリット。その味わいは、ついつい何杯もほしくなる飲みやすさがあります。

オーガニックワインを探す時には、日本語で書かれた裏ラベルに、「有機農畜産物加工酒類」もしくは「有機農産物加工酒類」と記載されているものを目印にしてください。

オーガニックワインとビオワインの違い

オーガニックワインは保存料などが一切使われていない、と言いましたが、厳密に言うと「定められた添加物以外は一切使われていない」ワインです。

オーガニックワインよりもさらにオーガニックなのがビオワイン。

栽培方法に違いがある

有機栽培されたブドウを使用して造られたワインを、日本ではビオワインと呼んでいます。実は日本で生まれた造語であり国際的なワードではありません。ヨーロッパでは、化学肥料や除草剤を使わずに育てたブドウから自然(野性)酵母で発酵させたワイン、亜硫酸塩の添加を抑えたワインを「ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)」とも呼んだりします。

南アフリカ、アメリカ、アルゼンチン、オーストラリア等のニューワールドのワインは、国ごとにオーガニック表記に関する規定が異なります。

日本ではビオワインを認証する団体がないので、オーガニックワインとビオワインは同じものとして扱われます。

混乱を防ぐ為に、今回はEUの規定を中心に解説いたします。

EUでは厳密な規定を3年以上遵守し栽培続けた場合に認証を取得出来ます。有機農法により栽培されたブドウのみを用いて造ったワインに「有機」と明記が許されています。EUではフランスのプロヴァンス、ブルゴーニュ、アルザスなどの地方で生産が盛んですが、オーガニックワインとビオワインには違いがあります。その違いは、ビオロジック農法という「とにかく自然に近い造り方」にこだわっているのが特長です。

有機栽培の種類

ブドウの有機栽培と一括りにいっても、厳密にはさまざまな栽培方法があり、以下のようなスタイルがあげられます。

・ビオロジック農法
・ビオディナミ農法
・リュット・レゾネ(減農薬栽培)
・ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)

ビオロジック製法

通常のオーガニックワインは醸造の段階で認可された添加物を入れることがありますが、ビオロジック製法で造られるビオワインは添加物を極力控えて造られます。

鶏や羊など家畜の糞を原料とする有機肥料を使用し、この有機肥料自体も、遺伝子組み換えや放射線処理の行われていないEU認定のものでなければなりません。

亜硫酸塩の使用量は通常のワインよりも少なくなければいけません。

ビオディナミ農法

ビオディナミ農法はビオロジック農法を主軸にしつつ、ビオロジックより更に踏み込んだ農法で、土壌や植物、生物、月の運行や星座の位置、引力、気圧などにまでこだわる農法です。20世紀にオーストリアの人智学者ルドルフ・シュタイナーが提唱した理論に基づいて行われます。

亜硫酸塩の量は完全に無添加かビオロジックよりも少なくなければいけません。このことから、オーガニックよりビオロジック、ビオロジックよりビオディナミがより厳格なオーガニック商品といえます。

リュット・レゾネ

環境を最大限に配慮した上で、農薬や化学肥料の使用を最小限にとどめたものです。その為、「有機」認定は受けられません。

リュット・レゾネは、完全無農薬ではなく、「農薬や化学肥料などは極力使用しない」栽培方法です。合理的な栽培方法を目指すスタイルで、農薬は害虫や病害による被害に応じて必要な範囲で使用します。

ヴァン・ナチュール

ヴァン・ナチュールは明確な定義はありません。減農薬又は有機農法に加えて、醸造においても培養ではなく天然酵母を使用したり、ろ過をしない、亜硫酸塩の添加を極力抑えたワインに対して呼ぶ場合が多いワードです。

自然の力を借りてブドウ栽培を行い、醸造まで一貫して科学技術に極力頼らない自然派ワインをさします。

天体の動きまでも考慮するビオディナミ農法のような、明確なスタイルはありませんが、ブドウを手摘みしたり、自然酵母で発酵したりします。殺菌剤も、硫酸銅と消石灰など自然界に存在するものを使用し、自然界の力を活用することにこだわった農法・醸造方法です。

より自然な製法にこだわっているのが、ビオワイン

オーガニックワインもビオワインも自然派ワインをさす言葉ですが、中でもより自然な製法にこだわっているのが、ビオワインです。

より自然な味のワインを楽しみたいのなら、通常のオーガニックよりもさらに無添加なビオワインを探してみてくださいね。

EU圏内で造られたワインであれば、目印は表ラベルにあるEUの共通ロゴ「vin biologique」です。

オーガニックワインの香りや味は?

無添加で料理にも合わせやすくて環境にも優しいなら、オーガニックワインやビオワインが良いに決まっているじゃない、と思うかもしれませんね。

でも、通常の(オーガニックではない)ワインも言うまでもなく安全であることから、あえてオーガニックではないワインを選ぶ方もいるんですよ!

その理由のひとつとして挙げられるのが、オーガニックワイン独特の「ビオ臭」と呼ばれることもあるにおいです。

オーガニックワインの香り

オーガニックワインには、ある意味付き物ともいえるビオ臭。還元臭や雑菌に汚染されたワインの匂いと感じる方や、あるいは動物のような香りや、硫黄のような香りがすると感じる方もいるようです。

原因は明確でありませんが、酵母や硫化水素などのはたらきを指摘する人もいます。人によっては苦手と感じることもあるので、まずはお試しを。

オーガニックワインの味

オーガニックワインは、自然な優しい味わいの中にブドウや畑、醸造所の個性を感じられるのが魅力です。添加物が少ないため、ブドウの状態・生産者の技術を強く反映し、誤魔化しのきかないワインともいえます。

美味しいワインもあれば、クセが気になってしまうワインもある点は、通常のワインと変わりません。オーガニックワイン独特のクセを好む人や、ブドウ本来の味を楽しみたい方にとっては、冒険し甲斐があるのがオーガニックワインです。

国際的なオーガニック認証機関

ECOCERT(エコセール)

本部 http://www.ecocert.com/

日本公式HP http://www.ecocert.co.jp/

ECOCERTは、フランス農務省が、1991年に設立した有機認証機関です。欧州に拠点を置いていますが、80か国以上で検査を実施しており、世界最大の有機認証機関の1つとなっています。

ECOCERTは主に食品と食品を認証しますが、化粧品、洗剤、香水、繊維製品も認証します。同社は、フランスのオーガニック食品業界の約70%、世界中で約30%を検査しています。ECOCERTは、ECOCERTフェアトレードの基準に従って、フェアトレードの食品、化粧品、繊維製品の主要な認証機関でもあります。

EU・欧州委員会のオーガニック認証(ユーロリーフ)

https://ec.europa.eu

2012年以降、EUの各国におけるオーガニック農法に関する共通の基準が採用されている。これを満たすオーガニック食品には、各国独自のロゴの替わりに共通のEUロゴが使われるようになった。EUの有機農業規則に従って生産された農産物であることを証明するマーク。欧州旗の象徴でもある12個の星、葉の形、緑色の「ユーロリーフ」は、欧州と自然の融合をイメージ。

  • EU Agriculture:農業原料がEU内で生産
  • non-EU Agriculture:農業原料が第三国で生産
  • EU/non-EU Agriculture:農業原材料の一部がEU内で生産され、その他の部分が第三国で生産。当該製品を構成する農業原材料のすべてがある特定の国で生産されたものである場合は、具体的な国名に置き換えるか併記も可能。

各国のオーガニック認証機関

AB(Agriculture Biologique)

AB(Agriculture Biologique)は、

1981年にフランス政府が有機栽培など関する指針を制定。その後、フランス政府の厳しい基準を検査・監督する機関として世界的にも広く知られるようになりました。

土壌から栽培、加工、出荷に至る全過程で、化学肥料や農薬、添加物などを一切含まない製品に対してのみ認証され、ABマークの使用が認められています。

なおワインについては酸化防止剤の使用について、その上限をEUが定める基準の2/3まで認めています。

ABでは、NPK肥料と硝酸アンモニウム肥料や除草剤、真菌感染症の場合の殺菌剤、 昆虫に対する殺虫剤などの化学農薬、遺伝子組み換え作物(GMO)の使用を禁止しています。

Bioland(ビオランド)

農業関係者によって1971年に設立された、ドイツでは最大のオーガニック認証機関です。7,700人以上の農民、庭師、養蜂家、ワイン生産者がバイオランドのガイドラインを順守しています。

https://www.bioland.de/

ECOVIN(エコヴァン)

ドイツのブドウ栽培・醸造業者により1985年に設立された認証機関。ドイツの有機ブドウ園の約4分の1にあたる238のメンバーが加盟しています。

https://www.ecovin.de/

バレンシアコミュニティの生態農業委員会(CAECV)

スペイン・バレンシア州のオーガニック生産の管理および認証機関です。

http://www.caecv.com/

 

 

有機JAS規格

http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

平成18年12月に制定された「有機農業の推進に関する法律」に基づき、農林水産省は平成19年4月末に「有機農業の推進に関する基本的な方針」(以下「基本方針」といいます。)を策定いたしました。

JAS法に基づき、「有機JAS規格」に適合した生産が行われ
ていることを第三者機関が検査し、認証された事業者に「有機JASマーク」の使用を認める制度。

ビオディナミ認証機関

 Demeter(デメテール)

https://www.demeter.de/

ドイツのオーガニック認証機関で近年注目を集めているのがDemeter(デメテール)です。この機関が認証しているのがビオディナミです。ビオディナミ農法には認証団体があり、正式に認められたワインにはDEMETER(独ディメテール、英ディメター)という認証団体のロゴが記載されています。

Demeter(デメテール)>のホームページでは、認証された製品や会社・人物などのデータベースが整っており、ワインについてもおよそ2000件以上の認証が閲覧できます。

これら以外のワインはそうではないかというと、あえてそうした認証を受けない醸造者もいますし、優良なぶどう生産者は、例外なく無農薬・減農薬、自然堆肥を実践しています。高級ワインで知られるロマネコンティは、ビオワインなどと銘打っていませんが、農薬を使っていません。

ワインに入っている酸化防止剤の多くは二酸化硫黄という物質で、「亜硫酸塩」とラベルに表記されます。酸化防止剤はアルコールより揮発性が高いので、抜栓してしばらく経てば消えてしまいます。酸化防止剤がブドウがワインになる過程で酸化から身を守るために自然と生成されるものです。もともとの自然の成分であることを考えると、“無添加だからブドウ本来の味”とはならないでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。