カリフォルニアワイン紀行-4 オーパス・ワン

カリフォルニアとフランスが生んだウルトラ・プレミアム・ワイン

オーパス・ワン


1979年に、フランス・ボルドーの超一流ワイン、シャトー・ラフィット・ロートシルトを管理するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドと、ロバート・モンダヴィとのジョイントヴェンチャーとして世界最高の赤ワインを目指すべく生産を開始。今年設立20周年を迎えました。私たちが訪問した2週間前にその記念式典が催されたそうです。
ガイドをしてくださったワイナリーの説明の方によると、“オーパス”とは、ラテン語で音楽、芸術という意味だそうです。音楽用語で作品番号という意味で使われます。つまり“作品第1番”という意味ですが、さらに“ワン”は、1という意味の他に“合体、一体”という意味があり、“芸術の合体”という意味も含んで名づけられたのだそうです。つまり“フランスのワイン芸術とカリフォルニアのワイン芸術との合体”という広壮な名前なんですね。

シャトー

opusone16 自家ぶどう園の真ん中に荘厳なシャトーが見えます。
遠くから見ると着陸したUFOのようにも見えます
写真は州道29号線をはさんで斜め前のモンダヴィ
・オークヴィル・ワイナリーの畑から撮影
大型ヒーターとプロペラ。植え替えのための作業中の畑
opusone2 設計はサンフランシスコのトランス・アメリカ・ビル(三角のノッポビル)と
同じ有名な建築家だそうだ。
ギリシャ神殿やエジプトの古代建築をイメージした“ネオ・クラシック
建築”。石灰岩はテキサス産、パゴダの木はカリフォルニア産レッドウッド。
ワインとは深いかかわりのオリーブの木が正門の両側に植えられています。
olive 大きく育ってきた正門前のオリーブの実
opusone15 手入れが行き届いた芝とそびえ立つパゴダ
この中に巨大タンクが置かれた醸造所があるなんて
忘れてしまう。
案内役をしてくれたロバート・モンダヴィの日本代表(駐在マネージャー)
マイケル・クー氏と、現地でワインライターをなさっている壇さん(カリフォ
ルニアワインの記事を日本のワイン専門誌にも寄稿されています。)と一
緒に、これから数日間モンダヴィ・ツアーが始まりました。
opusone1 シャトーの正面で記念のスナップ
opusone3 パゴダを内側からみたところ
あさ9時の始業前で、ちょうどホースで水をかけて
スタッフの女性が洗浄しています。

?ぶどう栽培

opusone4 州道から垂直にシャトーへ続く道
両側にはオリーブの樹が並木に植えられています。
opusone14 ボルドーやブルゴーニュと同じく垣根造り(ミラー&ミラー)の
ぶどう畑が、シャトーのすぐ周囲に広がる。
ドリップ式灌漑システム
ぶどうの根のはる土の上にホースに開けられた小さな穴から
計画的に水滴を落とす。カリフォルニアでは灌漑は重要な要
素でかなりのぶどう園で行われています。
opusone17 密集した畑はぶどう同志にストレスを生み、良いぶどうができるが、
手入れも摘み取りも手作業で行われコストがかかる。
opusone18 収穫はすでに終わっていますが、ところどころ
にまた実ができています。カベルネ・ソーヴィニオン

醸造工程

opusone9
Frermentation Celler Master Chart
発酵状況・予定がびっしりと書かれた作業指示表
opusone7 カリフォルニアでも最新のベルトコンベア
果粒が自動的に選別される他にもあまりない装置だそうだ。
しかしワイン造りの基本は、ボルドーの昔からの造り方の応用
opusone5 白く円いのが発酵タンクの蓋
1Fの発酵タンクが2Fまで伸びている。
このような最新の近代的なアイデアがシャトー(醸造所)の至る所に
生かされています。
opusone6 マイケルが蓋を開けて見せてくれた
opusone10 高くて大きな発酵タンクが通路をはさんで20基並ぶ。
前出の2Fの床までつながっている。
右側の蓋が開いたタンクは、一人はいって発酵が終わった
中のぶどうの果皮を外にスコップで掻き出し、掃除している人
opusone8 掻き出されたぶどうの果皮
opusone11 最新式のプレス機
白ワインは発酵させる前に、赤ワインは発酵後にプレス機で圧搾して搾汁する
(オーパス・ワンでは赤ワインのみ製造。ソフトにプレスされる)

研究室とセラー

tim1 最新の研究機器がズラリと並ぶ研究室
オーパス・ワンの醸造チーム(ティム・モンダヴィ氏
とムートンから派遣のフランス人醸造家、パトリック
・レオン氏がいました。私たちが横を通ってもあいさつもせずに黙々と研究に
没頭するティム・モンダヴィ氏。私は写真でよく知って
いるので本物に会えてちょっぴり緊張でした。
ずらりと並べられた各サンプル。この中からただ一つの
“オーパス・ワン”が生まれるのか!!
opusone12 テイスティングールームに向かう通路
1996 オーパス・ワン 13,000円のいよいよテイスティング
シャトーの直売コーナーでしか売られていないスーパー
セカンド・ラベルの1996 オーヴァテュア 3,500円を
買いました。(超お買い得でここしかないから希少価値がある!)
opusone13 テイスティングールームからガラス窓越しに見える
フレンチオークの貯蔵樽が眠るセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です