最初の出会い First Meeting

 大正時代に日本人として初めて本場スコットランドにウイスキーを学んだ日本のウイスキーの父、竹鶴政孝。広島県竹原で家業の造り酒屋「竹鶴」(名字がそのまま酒銘になっている例は日本酒でも珍しい)の三男として生まれましたが、兄二人が家業を継ぐのを嫌ったために、家業継承のため大阪高等工業学校(現大阪大学)醸造学科に入学します。造り酒屋の息子が多く通う中で、彼は肝心の日本酒ではなくて洋酒、とくにウヰスキーに興味を持ってしまいました。当時、酒どころ灘(兵庫)・伏見(京都)を抱える関西の中心地大阪は清酒に始まり、ビール、洋酒(イミテーションの…)のメッカでした。

卒業間近となり、「ああ、このまま田舎に帰って一生小さな家業の酒造りで終わるのか…」
そう思った彼は、実家に無理をいって、学生時代から通っていた当時最も国産としては優れていた洋酒メーカーの摂津酒造にしばらく行かせてほしいと頼みました。

入社した竹鶴は、誰よりも熱心に好きな洋酒の研究に没頭しました。主な得意先である、小西儀助商店(ボンドで有名)、寿屋(現サントリー)などから受注のあった葡萄酒などを手がけ、その高い技術力で入社早々若くして洋酒造りの主任に抜擢されました。

時は過ぎ、そして日本人として初めて本格ウヰスキーを製造したいという阿部社長の要請で、第一次世界大戦の最中、今と違ってはるか彼方の異国である、スコットランドに危険を伴いながら船で長旅をして渡英します。
 1919年の夏、蒸留所に通うかたわら、ウイスキーの醸造学を学ぶために通っていたグラスゴー大学で親しくなった、カウン家の次女エラがいました。弟の14歳のラムゼイは柔道を習いたがっていたので、人を介して学生時代に柔道部だった竹鶴に依頼され、カウン家に通うようになります。

ラムゼイは熱心な生徒でした。稽古を終えるとミセス・カウンはタケツルをきまって客間に招きました。3人の姉妹と談笑しながらカップに注がれた熱い紅茶を口にするひとときは、異国にいる孤独を忘れさせる貴重な時間でした。開業医であるカウン氏は大の親日家で、竹鶴の良き理解者でもありました。

「日本からはどんな船で、どこに寄っていらしたの?」
「ご兄弟は何人いらっしゃるのですか?」
「日本の方々は、どんな家に住んでいらっしゃるの?食べ物や、着るものは?」
快活なエラとルーシーは、好奇心から矢継ぎ早に質問を重ねます。竹鶴は、ときにはユーモアを混じえながらそれに答えます。

リタは多くの場合、静かな笑みを浮かべて聞き役に回ります。その控えめな仕草に、いつしか竹鶴は惹かれていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です