竹鶴リタ物語


竹鶴リタ物語1 登記所結婚

登記所結婚 Irreguler Marriage1920(大正9)年春、スコットランドのグレート・ハミルトン街カールトン地区登記所に、ふたりの立会人のみを伴って、1組の男女が...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語2 最初の出会い

最初の出会い First Meeting 大正時代に日本人として初めて本場スコットランドにウイスキーを学んだ日本のウイスキーの父、竹鶴政孝。広島県竹原で家業の造り酒屋「竹鶴」(名...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語3 出発の決断

出発の決断 Decision of starting長女のリタは文学を愛する物静かな女性でした。彼女はグラスゴー学院で音楽と、英仏文学を学んでいます。リタは竹鶴が日本から持参...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語4 期待と不安

横浜桟橋 期待と不安 Despair and Recovery1月に結婚してからもタケツルは、ウイスキーづくりの知識や技術はもちろん、その“こころ”を修得するため、帰国の途につ...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語5 失意と回復

 Kotobuki-ya Yamazaki Distillery鳥井は三顧の礼で迎え、竹鶴は寿屋に入社します。「やっと本物のウイスキーがつくれる。忙...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語5 失意と回復

 Kotobuki-ya Yamazaki Distillery鳥井は三顧の礼で迎え、竹鶴は寿屋に入社します。「やっと本物のウイスキーがつくれる。忙...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語6 夢の地を求めて?北海道余市

夢の地を求めて?北海道余市 1934(昭和9)年、寿屋に入社して10年が経った・・・。本格ウイスキーはなんとか軌道に乗るようになった・・・。竹鶴は、契約で世話になった寿屋を退...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語7 第一号ウイスキーの誕生

第一号ウイスキーの誕生?20年の結晶(現在は使用されていない初代のポットスティル(左奥から3番目)。ここから始まった。)軌道に乗るまでの支えにと発売したリンゴ果汁100%ジュ...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語8 わたしはおばあちゃん

「わたしはおばあちゃん」'Grandma' Rita - Twilight Years 1941(昭和16)年12月、日本は太平洋戦争に突入しました。英国...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語9 リタの愛しき思い出

リタの愛しき思い出 IN LOVING MEMORY OF RITA TAKETURU 来日後もリタは、スコットランドに似た大好きな余市で、スキー、乗馬、テニス、フィッシング等を...

詳しくはこちら

竹鶴リタ物語10 TAKETURU'S SPIRIT IS FOREVER

TAKETURU'S SPIRIT IS FOREVER 1965(昭和40)年 ブラックニッカ発売 規模も売上げも次第に大きくなり、昭和27年8月、ウヰ...

詳しくはこちら