お酒と神さま

松尾大社神輿庫 伏見・灘をはじめ全国の酒造メーカーのこも樽が圧巻

日本でお酒といえば、江戸時代まで清酒しかなかったので清酒、近年風には清酒というより日本酒という呼び方が一般的になっています。

昔から、日本人はお祭りなどの神事において、神様にお酒を供えてきました。これを「御神酒・お神酒・神酒(みき)」と言います。古来より神様を祀るために神社があり、祭礼として神饌(しんせん)という儀式があります。主食の米に加え、酒、海の幸、山の幸、その季節に採れる旬の食物、地域の名産、祭神と所縁のあるものなどが選ばれ神酒を神前にお供えします。

祭礼の終了後、直会(なおらい)で神酒をいただきます。神に供えられ霊が宿った酒を頂く、また他の神饌と同様の神と同じものを飲食するという意味があります。神饌は御饌(みけ)あるいは御贄(みにえ)とも呼ばれます。

お酒の歴史は神社の祭礼と共に発展してきました。

お酒の神様は女性

『記紀』にあらわれた酒に、「神阿多都比売(カムアタツヒメ)、またの名は木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)が醸された「天甜酒(アマノタムサケ)」、スサノオの大蛇退治に登場する「八塩折の酒:、さらに『記紀』には記されていませんが、『大隅国風土記』には、「口かみの酒」として、村の家々に水と米を与えて一箇所に男女が集まり、米を噛んで酒槽(さかぶね)に吐き入れ、酒の香りがしてくるとまた集まってこれを飲んだと記されています。酒解神(サケトケノカミ)は大山祇神(オオヤマツミ)の別名で木花咲耶姫の父。

白酒(しろき)・黒酒(くろき)・清酒(すみさけ)・濁酒(にごりざけ)

元々日本では日本酒しかなかったのかというと、むしろ縄文時代から山葡萄を壺のようなカメに入れて自然発酵させたワインを嗜んでいたことが発見されていますが、稲作が盛んになる弥生時代の紀元前5~10世紀とされています。米を用いた酒をそのまま濾したものを用いるようになりました。この頃のお酒は、お米を口に入れ噛んだものを一度容器に移し、そのお米を発酵させて造っていました。この方法で造られたお酒を「口噛み[の]酒(くちかみ[の]さけ)」といいます。

また、酒造りは巫女の仕事として始まったのではないかとされています。これはお米を口に入れて噛むことで唾液に含まれるアミラーゼがデンプンを糖化させます。ごはんを噛んでいると段々甘くなるのは体験されているでしょう。それを吐き出してカメに溜めておくと、野生酵母が糖を発酵してアルコールを生成します。これが口噛み酒です。若い女の子が巫女として選ばれました。若い女の子が噛んだお米でお酒を造っていたのです。

酒造りの史料としては最古の『延喜式』によれば、白酒は神田で採れた米で醸造した酒をそのまま濾したもの、黒酒は白酒に常山木の根の焼灰を加えて黒く着色した酒(灰持酒)であると記載されています。

かつて、神酒は神社もしくは氏子が自家醸造していました。当時の日本酒は白酒で、現在の清酒ではなく、もろみがまだ残るどぶろく・にごり酒でした。

三大酒神

さけぞうの酒林 右は「山田錦」

神社と神酒は切っても切れないものですが、お酒にまつわる酒の神を祀る神社や縁起の神様も、全国に数多くあります。その中でも最も古いとされる奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社(別名・三輪神社)や室町時代末期以降、「日本酒第一酒造神」と仰がれている京都市の松尾大社梅宮大社は、「日本三大酒神神社」として全国的に有名です。

大神神社には、酒神の二大神である、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)と少彦名神(すくなひこなのかみ)が祀られています。大和朝廷の神事で用いられる酒を醸すという役割を担っていた歴史があります。神に供える酒という意味の「神酒」は現代読みでは「ミキ」ですが、昔は「ミワ」と呼ばれていたことからも、この三輪山という地がいかに酒と密接な関係があるかうかがい知ることができます。また、酒蔵の軒先に新酒が造られた合図として掲げられる「酒林」(別名杉玉)は、もともと三輪山の杉の葉を球状に束ねて作られた小型の杉玉を、酒の仕込みに合わせて全国の酒蔵に持ち帰り、軒先に吊るしていました。青々とした杉の葉が枯れてこげ茶色になる頃、街道を往来する人々に新酒ができた合図となり、日本最古の立体看板といわれています。

松尾大社(京都市西京区嵐山宮町3)

奉納酒樽

梅宮大社(京都市右京区)

奉納酒樽

奉納酒樽

大山咋神(オオヤマクイノカミ)が御祭神として祀られて、酒どころ京都伏見の酒蔵を始め全国の酒蔵に崇められています。

  

その他にも、出雲にある松尾神社は「佐香神社」とも呼ばれ、祀られている久斯之神(クスノカミ)は、出雲大社に全国から集った八百万の神々に酒を醸し振る舞ったという伝説があり、これを日本酒発祥とする説もあります。

  

京都府大山崎町天王山にある自玉手祭来酒解神社(たまでよりまつりきたるさかとけじんじゃ)(通称・酒解神社)も酒解神を祀り、この天王山の名水を千利休が愛用しました。麓にサントリー山崎蒸溜所があります。

京都府園部町の摩気(まけ)神社は酒造りにふさわしい水霊がいると言われています。
酒造り指導の神様として有名なのは、香川県の城山神社の「神櫛王(かみくしのみこ)」や、愛知県の酒人(さかと)神社の「酒人王(さかとのみこ)」などです。

兵庫県には播磨の庭田神社は伊和神社の伊和大神にお供えする神酒の神社で、但馬豊岡市の酒垂神社は大酒解神・小解神を祀る神社です。小田井県神社の国作大巳貴命(くにつくりおおなむちのみこと)にお供えする御酒所(ミキト)で、三江は古くは御贄村(ミニエ)といい、小田井神社にお供えする神米の神田でした。

お酒は別名ササとも呼ばれました。えべっさんで用いる笹もお酒に由来しています。豊岡市日高町佐田にある佐久神社は、気多郡楽前郷(ササクマ)でもっと古くは佐々前県と呼ばれていた場所です。気多神社と並ぶ豊岡市日高町の古社ですが、この楽前はもっと古くは佐々原と呼ばれ佐田も神田として佐久神社にお供えする米と酒をつくる田に由来しているのではないかと考えます。

また東播磨に位置する三木市の三木とは御酒のことで、三木市吉川町は酒米「山田錦」の産地で有名です。市内には至る所に御酒神社(御坂・三坂・美坂神社)がたくさんあります。

参考:『日本の酒の歴史』坂口謹一郎監修・加藤辨三郎編、宝酒造・SAKETIMES

Scroll to top

掲載の商品は、実店舗と兼ねておりますので、在庫数が予告なく変更となる場合がございます。 非表示

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。