お燗に向いたお酒


最近では日本の住宅環境が変わり、暖房がきいた室内で冷たい飲み物を楽しめるようになりましたが、お燗酒の楽しみは、寒いシーズンに温かい飲み物を、というのはもちろん、温めることで変化するお酒そのものの味わいを楽しむところにもあります。
日本酒には、お燗に向いたお酒とそうではないお酒があるんですよ。
どこで分かるの?!

◎お燗に向くお酒

お燗にして風味がアップするお酒を「燗あがり」する酒、とも言います。一般的に、旨味や酸味が多く、味のしっかりしたボディの強いお酒が、燗して美味しいとされています。反対に香りを楽しみたい大吟醸酒や、フレッシュさを味わいたい生酒などは、常温や冷やのほうが、持ち味を殺さず美味しくいただけます。

お酒の魅力を最大限引き出すために大切なのは、そのお酒を知ること。お酒が最も輝く温度を見つけてあげることです。

お燗にして風味がアップするお酒を「燗あがり」する酒、とも言います。一般的に、旨味や酸味が多く、味のしっかりしたボディの強いお酒が、燗して美味しいとされています。反対に香りを楽しみたい大吟醸酒や、フレッシュさを味わいたい生酒などは、常温や冷やのほうが、持ち味を殺さず美味しくいただけます。

熱燗といっても、煮立ったように熱いお酒ではないのは見ておわかりの通り。あまり温度を高くするとお酒の味のバランスが崩れてしまいます。

一般的に濃醇なタイプのお酒は比較的高い温度(上燗や熱燗)でも大丈夫ですが、シャープで淡麗なタイプのお酒は人肌燗やぬる燗程度で楽しむのがおすすめです。

ひとくちにお燗といっても、日向燗(ひなたかん)=約30度、人肌燗(ひとはだかん)=約35度、ぬる燗=約40度、上燗(じょうかん)=約45度、熱燗(あつかん)=約50度、飛切燗(とびきりかん)=約55度以上、と温度はさまざま。

「冷や」にも、雪冷え=約5度、花冷え=約10度、涼冷え=約15度ーーと、雅で微細な名前がついています。

それだけ昔から日本人は、温度に敏感にお酒を楽しんできたのだということでしょう。お酒の個性がいちばん輝く温度で、おいしくいただきましょう。

上手なお燗のつけ方・いただき方

湯煎で

卓上湯煎徳利

風情を大切にしたい雰囲気重視派なら、やはり湯煎をする要領でお湯に徳利をつけて温めるのがいちばん。

やかんや鍋で湯を沸かし、火を消してから徳利を浸します。冷蔵保存されていたお酒は、水からつけて徐々に温めていくのも手です。このとき気をつけたいのは決して水を沸騰させないこと。そして温まりすぎを防ぐため、こまめに目をかけてください。

お燗風情たっぷりに、ポットのお湯で簡単に湯煎ができる卓上の湯煎徳利もあるのでご活用を。

電子レンジで

電子レンジの場合、温めるときの器の形状によって、お酒の温まりかたにムラが出るのでご注意を。たとえばふつうの徳利だと、首のところは熱くても中の方はぬるいまま、という憂き目に合います。

片口(=お椀のような形状の酒器)なら、電子レンジでも、まずまずムラのないお燗ができます。また、電子レンジ用の燗付け器もあるのでご活用を。

瓶燗で

180mlの飲みきりサイズの小瓶・五寸瓶(一合180ml飲みきりサイズ)なら、そのままドボンとお湯につければ楽々お燗。ポットのお湯95℃に1分半もつければ、飲み頃の温度に仕上がります(キンキンに冷えた状態で熱湯につけると瓶が破損する恐れがありますのでご注意ください)。
かさばらないサイズだから、アウト・ドアでお燗を楽しむのにもうってつけ。キャンプで炭火焼きのお供にいかがでしょう。


うまくお燗をつけられたら、せっかくの温かいお酒が冷めないように、「厚手」で「小ぶり」な「焼きもの」の盃でいただきましょう。

からだに優しいお燗酒

お燗はからだにやさしい飲み方です。冷酒はアルコールの吸収が遅く、途中で急激に酔いがまわります。酔ってない、酔ってない、と油断していると、急激に酔いがまわって驚いたこともあるのでは。

一方、お燗酒はアルコールの吸収が早く、飲んだら飲んだ分だけ酔いがまわります。つまり、酔いの度合いを自分でチェックでき、飲み過ぎ防止の効用もあるということ。だから、からだに負担をかけません。

お燗酒は口当たりも滑らかに、一杯、一杯また一杯と盃をかさねるごとに、柔らかに、ゆるやかに、ゆったりと酔いを身体にめぐらせ、凍えた身も心も優しく溶きほぐしてくれるのです。

 

?参考:日本名門酒会?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です