グラスの種類

家庭でさまざまな専用グラスを揃えておくことは、なかなか。好みのグラスで楽しめばよいですが、 グラスもカクテルを引き立てる重要な脇役。アルコール度が高く短時間で飲む“ショートドリンク”には、小さくて 浅いグラスを、反対に氷やソーダを入れてゆっくり飲む“ロングドリンク”は、背の高い大きめのグラスを使うようにしましょう。  ここではカクテルに使われる一般的なグラスを参考までに挙げてみました。

 

 

オールドファッションドグラス 円筒形で、やや幅広のグラス。大航海時代に船内でもこぼれにくいように底が分厚くどっしりとしている。 ウイスキーやカクテルをオンザロックで飲むときに使うのでアメリカでは“ロックグラス”と呼ぶ。
タンブラー いわゆる日本でいう円筒形の“コップ”。ロングドリンクを飲むときに使う。8オンス・タンブラー(240ml)が標準的。
コリンズグラス タンブラーを背を高くした円筒形のグラス。“トム・コリンズ”などコリンズと名の付くカクテルや、炭酸・発泡性ワインを利用する フィズ系のロングドリンクに使う。
ホットタンブラー  熱いドリンクに使う取っ手のついたもの。
カクテルグラス ショートドリンクのカクテル専用グラスで、逆三角形が基本型。75mlが標準。
ゴブレット ビールやソフトドリンク、氷をたっぷり使ったカクテルに使用。タンブラーに脚をつけたもの。
サワーグラス ウイスキーサワーなど、ソーダで割るサワータイプのカクテルに使用。120mlが標準で、脚がないものもある。
シャンパングラス ソーサー型
乾杯用に使われる口が広がったもの。 フルート型
笛のように細長いグラス。背が高く、口が狭くなっているので、シャンパンのガスが抜けにくく、ゆっくり飲むのには こちらが一般的。
シェリーグラス シェリーを飲むのに理想的な脚付きグラス。リキュールグラスより大きく、ワイングラスより小さくほっそり型。 容量は60~70ml。
ストレートグラス その名の通り、ウイスキーなどをストレートで飲むときに使う。ショトグラスともいい、シングルグラス(30ml)とダブルグラス(60ml)がある。
マグ 平底で取っ手のついたジョッキ(正しくはジャグ)。サイズや材質はさまざま。ホットドリンクやビールを飲むときに使う。
リキュールグラス リキュールをストレートで飲むための脚付きグラス。30mlが標準。
ブランデーグラス ブランデーをストレートで飲むグラス。ふっくらと丸みがあり、香りを逃さないように口の方がすぼまっている。
ワイングラス ワインの種類や国によってまちまちですが、脚付きで口がややすぼまり、口径が6cmぐらい、200ml以上入る透明なものが理想的。白ワインは140ml、香りを引き立たせるために赤ワインには大きめの190ml、特に高級赤ワインにはマグナムサイズ230mlと3種類あれば理想的です。注ぐ量は大きいから沢山注ぐのではなく同量です。
■カクテルグッズ・グラスのお求めはこちらで

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です