ギブソン

ギブソン

Gibson

 

 

ベース ジン
シーン 男らしさを演出
無色
辛口
グラス カクテルグラス
混ぜ方 シェーク
難易度 中級

マティニが、まだジンとベルモットの比率が3:1ぐらいでつくられていた時代に、ギブソンはマティーニを上回る辛口カクテルと
して登場。比率は5:1。ドライな味を損わないように、飾りもオリーブより辛口のパール・オニオン。しかし時代の流れとと
もにドライ化傾向をたどった現在のマティニ(9:1)に立場が逆転。

 

 レシピ 
  • ジン           6/7
  • ドライ・ヴェルモット   1/7

  • 氷            適量
  1. 以上をステアして、よく冷やしたカクテルグラスに注ぐ。
  2. パール・オニオンを飾る。
  3. 最後にレモン・ピール(皮)絞りかける。

資料:ニッカウヰスキー「Drinker’s Mind」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください