カクテル用語(タ~ラ)

チェーサー

アルコール度数の高い酒をストレートで飲むときに、一緒に出される冷水。強い酒でほてった舌を洗いながら飲むと、 いつも感覚を新鮮に保てる。海外ではソーダ、ジンジャー・エール、トニック・ウォーター、ビールなどをチェーサーとして飲む習慣もある。

デコレーション

カクテルの飾り付け。その香りを楽しむとともに、眼で色彩を楽しむ、大切なバイプレーヤー。デコレーションの材料が指定してあるレシピも多く、 そのルールを無視するとカクテルの生命を殺してしまうことにも。またデコレーションがないと違うカクテル名になることもある。 デコレーションの指定のないカクテルは、創意と工夫してみるのも、カクテル作りの楽しみのひとつ。アメリカでは“ガーニッシュ” と呼ぶ。

トディー(Today)

カクテルのジャンル名。スピリッツに砂糖を少量加えて見ずまたは湯で割る処方。ホット・トディーは、シナモン、ナツメグなどのスパイスを 加えて芳香を楽しむ飲み方で、イギリスでは体をあたためるためのホット・ドリンクとして親しまれてきたもの。 トニック・ウォーター ほろ苦さと爽やかさを併せ持った、無色透明のイギリス生まれの飲料。ジンととくに相性がいいことから世界的に広まった。

トニック・ウォーター

ほろ苦さと爽やかさを併せ持った、無色透明のイギリス生まれの飲料。ジンととくに相性がいいことから世界的に広まった。 バック(Buck) カクテルのジャンル名。スピリッツにレモンの実を加え、レモンなどのフルーツジュースとジンジャー・エールで割る というのが、基本的な処方。バックとは“雄鹿”の意味があって、“キックのある飲み物”との意味だとか。

バック(Buck)

カクテルのジャンル名。スピリッツにレモンの実を加え、レモンなどのフルーツジュースとジンジャー・エールで割る というのが、基本的な処方。バックとは“雄鹿”の意味があって、“キックのある飲み物”との意味だとか。

ハーフ&ハーフ

違う2種類の飲み物を半分ずつミックスする方法。

パンチ

ワイン(または スピリッツ)をベースに、フルーツやジュースをふんだんに入れて、ブロック・オブ・アイス (氷の塊)を入れて作るパーティー用ドリンク。 一度に10人前後の人が楽しめる量を作れ、パーティーを盛り上げるためには欠かせないもの。パンチ・ボールとパンチ・カップ をセットで用いる。

ピール

果物の皮の小片のこと。カクテルでは主にレモンやオレンジのピールを、グラスの上で絞って、香りを移すことが多い。

フィズ(Fizz)

カクテルのジャンル名。スピリッツの中でも主にジンをベースに、レモンジュース、甘味を加え、ソーダで割る爽やかなロング ・ドリンク。フィズという名前は、炭酸がはじけるときの音を真似た擬声語。

フィックス(Fix)

カクテルのジャンル名。スピリッツ+フルーツ・リキュール+柑橘系ジュースをクラッシュド・アイスを詰めたグラスに注ぐ、 というのが基本の、サワー系ドリンク。ディジーというのもほとんど違いがない。

フィンガー

薄手の8オンス・タンブラーの底に指1本を横にあてがって、その腹1本分だけ注ぐと、約30mlになり、シングルとほとんど 同じになるので、これを“ワン・フィンガー”という。指2本なら“ツー・フィンガー”。便利でしゃれているが、大ざっぱで正確性は欠ける。

フラッペ(Frappe)

カクテルのジャンル名。フランス語で“氷で冷やした”という意味。カクテルグラスにクラッシュド・アイスをいっぱいに盛り、その上に リキュールなどを直接注ぎ、ストローを添えるのが一般的。日本では“かき氷”と混同されるが、フランスではれっきとしたカクテル。

フルップ(Flip)

カクテルのジャンル名。ワイン(またはスピリッツ)に、卵と砂糖を加え、サワーグラスに注ぎ、ナツメグをふりかける、という滋養に富んだもの。

プルーフ(Proof)

アルコールの強さを示す単位。イギリス式とアメリカ式の2通りあるが、日本で見かけるのは後者。日本の度数表示の2倍で、80プルーフは40度になる。 フローズン・スタイル 材料と一緒にクラッシュド・アイスをミキサーに入れ、シャーベット状にしたカクテル。フローズン・ダイキリが代表的で、近年さまざまなカクテルをこのスタイルで味わうことが流行している。

フロート(Float)

カクテルの上に比重の差を利用して、別の材料を浮かべること。 ベースカクテルを調合するとき、基本となる酒のこと。最も高いアルコールの酒をいう。ジンが基本ならジン・ベース。 ポアラーキャップをはずしたボトルに差し込んで使う注ぎ口のこと。中身を素早く注ぎやすくする。 ホーゼス・ネック(Horse’s Neck) 本来はデコレーションの名で、レモンの皮をラセン状にむいたものをグラスに飾り、そこにスピリッツを注いで、ジンジャー・エールで割る、というもの。

ミスト(Mist)

カクテルのジャンル名。オールドファッションド・グラスにクラッシュドアイスを詰めて、スピリッツを直接注ぐ、というもの。しばらくするとグラスの表面にうっすらと 細かい水滴が霧(ミスト)のようにつくので、名付けられた。フラッペと同じ処方だが、用いるグラスが異なる。 ミネラル・ウォーター鉱泉水のこと。ミネラル分を豊富に含んだ湧き水で、酒造りに重要なのが良質の仕込み水。酒にこだわるなら水もミネラル・ウォーターで。

モーニング・アフター

米語スラングで「二日酔い」の意味。そこから転じて、二日酔いの“迎え酒”のことをモーニング・アフター・ドリンクスと呼ぶ。フレッシュ・モーニング、レッド・アイなどが代表的。

リッキー(Rickey)

カクテルのジャンル名。スピリッツにライム(またはレモン)の実を入れ、マドラーでつぶし、ソーダを注ぐ、というのが基本。ジン・リッキー、ウォッカ・リッキーが一般的。

レシピ(Recipe)

もともとはクスリの処方箋や料理の作り方などの意味。カクテルでも作り方をさす。

ロング・ドリンクス

比較的時間をかけてゆっくり楽しむカクテルのこと。冷たさを失わないように、通常は氷やソーダ、水などを入れた、タンブラー、ゴブレット、コリンズグラス、サワーグラスなどの、 大きめのグラスで作る。ショート・ドリンクに対応する語。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください