カクテルのABC

「カクテルの良し悪しは、材料によって決まる」

カクテル。なんて楽しい創造的な世界。 人々は19世紀初めには、お酒をベースとして、新しい味わいのお洒落な飲み方を工夫しはじめました。 

カクテルの味の良し悪しは、よく誤解されがちですが、材料の微妙な調合ではなく、材料の良し悪しにあると言われます。 そのままで飲んで美味しいお酒や新鮮なフルーツを使わないと、カクテルは美味しくならないのです。

混ぜ合わせることによってマジシャンのように素晴らしい味わいが 生まれるのではなく、材料(酒の良し悪し、使うフルーツなどの鮮度など)によって決まるということで、これは、料理と共通する基本のようです。

■資料・カット
ニッカウヰスキー「Drinker’s Mind」
「ザ・ベストカクテル」-花崎一夫
「The Suntory Cocktail Book」(株)サントリー
・他

■編集
クラシカルなカクテルから新作まで 1998年
217点を網羅しました!!(2004.5.6現在)
2011.6.1 ブログ版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.