tsuiyamakani

冬の味覚の王者 カニに合うワイン

津居山がに(写真は豊岡港観光協会さんからお借りしています)

蟹は魚介類ですので日本酒はもちろんですが、、当サイトの「魚介類」カテゴリーでご紹介している白ワインやシャンパンは基本的には合います。辛口のロゼワインでも美味しく頂くことができます。蟹の甲羅とロゼの色が同系ということで覚えておきましょう。

しかし、松葉ガニと言えばかなりの高級食材ですのでおそらく蟹を食べる場面は、ちょっとしたパーティーになるはずです。よって、いくら味が合うからと言って、カジュアルなワインではバランス的にもったいないというもの。ワインにもそれなりの上質感が求められるでしょう。また、蟹にもさまざまな調理法があり、それによって合うワインは違ってくるので注意が必要です。ここでは、そういった点を考慮しつつ、蟹に合うワインをご紹介します。

 

1.シャンパーニュ(スパークリングワイン)

いわゆるシャンパンとよばれている発泡性ワインは、最も幅広いタイプ。魚介に限らずほぼ全ての料理に合います。松葉ガニなど高級ガニなら、本格シャンパン方式のきめ細やかな泡立ちと風味のものを合わせたいものです。

2.リースリング

リースリングの特徴は、シャープな酸味と、柑橘系の香り、豊かなミネラルです。酸味と柑橘と言えばポン酢に通じるものがあり、またミネラルは海の潮や蟹自体の持つミネラルと共通します。蟹との相性は抜群で、特に塩やポン酢でシンプル食べる食べ方、刺身・焼きガニ・天ぷら・カニ鍋などと合わせるのに最適です。

3.甲州

カニを和風の調理法で食べるなら、日本ワインの甲州もオススメです。甲州のミネラル感やほのかな苦みは魚介と好相性で、いい意味での主張の穏やかさが和食の繊細さを引き立てます。

4.ソーヴィニヨンブラン

イキイキとしたフレッシュな酸味と、弾けるような鮮やかな果実味の、「爽やか」という言葉がピッタリの味わいを生むぶどうです。牡蠣や魚介類にはシャルドネもよく会いますが、蟹や海老の淡白な味付けのカニすきには、よりやわらかいソーヴィニヨンブランが合います。蟹刺しをお醤油で食べる、塩味の強い焼きガニなどにはシャルドネの方が合うでしょう。

5.赤ワインならピノ・ノワール

カニは白身の魚介ですのでどちらかと言えば、赤より白が合いますが、どうしても赤を合わせたいなら、ピノ・ノワールでしょう。それも繊細でエレガントなブルゴーニュ産なら最高です。ドイツワインならシュペートブルグンダーという品種になりますが、これはピノ・ノワールのドイツでも呼び名で同じ品種です。醤油ベースの出汁で造るカニ鍋カニすき、あるいは醤油で食べるカニの刺身などに合います。

ワインと料理の相性も御覧ください

手づくり「おせち」ワンランクアップする伝統発酵調味料

手づくり「おせち」がワンランクアップする
お薦めの伝統発酵調味料のご案内です。


・うれしい効果が盛りだくさんの名わき役
「三河みりん」

テリやツヤを出したり、旨みを深めたり、黒子のように働いて料理のグレードをアップさせるみりん。料理の切り札ともなる隠し味だからこそ、美味しいみりんを選びたいもの。伝統的な本格みりんは、もち米、米麹、本格米焼酎だけを原料に造られ、お米のエッセンスがそこには凝縮されいます。お米に由来する自然な甘さが生きるから、リキュール感覚で美味しく飲めるのです。お屠蘇に使えば滋味深く、料理を美しく美味しくするーー伝統的な本みりんの実力をいちどお試しください。

・ツーンとこない和食によく合うまろやか酢
「千鳥酢」

おせち料理ならナマスなど。和食には酢のものの一皿がつきもの。身体に良いと見直されているお酢の力ですが、昔ながらの伝統的な製法で造られた米酢は、料理に酸味だけでなくコクも与えてくれます。

P_20170313_163955[1]

4月入学のシーズンです 春和酒・花見酒

日本列島が桜色に染まる
美しい季節がやってきました。
春の日射しに輝く桜を愛で
親しい人と和やかに
美味しいお酒を酌み交わし
春爛漫を楽しみましょう。

豊岡自動車道 日高神鍋高原I.C 29.3.25開通

春和酒 はるなごみざけ ほっと安らぐ、春のお酒

 

日本の春を美味しいお酒で楽しもう

花々が次々に開花していく美しい季節がやってきました。
柔らかな春の日射しを浴び輝く花々を愛でながら
いただくお酒はまた格別。
美味しいお酒を手にとって
本格的な春の訪れや新生活に乾杯を。

梅・桃・桜、菜の花に蓮花、次々に開花していく花々とともに、春はやってきます。柔らかな日射しの中で、暖かな春風に吹かれて、気の合う人々と楽しむお酒はまた格別。ほっと心安らぐ美味しいお酒で、春爛漫を楽しみましょう。新しい出会いや新生活への門出など、人生の開花を祝うお酒としてもどうぞ。

 

 

 

「くわしくはこちらへ」

 

 

IMG_1520[1]

6月19日 父の日特集

IMG_1520[1]  IMG_1522[1]

6月19日(第3日曜日)は「父の日」です。

いつも仕事ご苦労さま。

本当は心の中で感謝しているんですよ。

なかなか口に出しては言えないけれど、

「お父さん、ありがとう」

大好きなお酒や、ヱビスビール、プレミアムモルツ マスターズドリーム…などなど

取り揃えました!