店長プロフィール

ドイツワイン蔵元探訪ツアーにて 2000.9 (ドイツ・モーゼル・ブラネベルガー ユッファーゾンネンウーアの日時計の前で フリッツ ハーク親子と)

■山根浩二 プロフィール

昭和32(1957)年、実家にて長男として生まれる。

昭和49年(1974)年、県立豊岡高校 クラブは吹奏楽部で中学はフルートでしたがフルートが多くてクラリネットにさせられる。

昭和51年(1976)年、卒業後、京都産業大学経営学部入学。軽音楽部フルバンドでサックス

在学中、南座照明係アルバイトで松竹新喜劇藤山寛美座長のマイク係を1ヶ月経験。毎日違うセリフのアドリブに戸惑い芝居の間というものに感動する。Jazz喫茶アルバイト中、京都プレイガイドジャーナル等タウン誌のJASS批評執筆

昭和54(1979)年、中退し、業務用酒類大手(株)幸田 (大阪市中央区東心斎橋・旧南区笠屋町)、入社

勤務中、サントリーソムリエスクール大阪校修了。

昭和55(1980)年、帰省し実家の酒店を継ぐ。

昭和54年(1979)サントリーソムリエスクール大阪校卒業。

平成7年(1995)インターネット・楽天ショッピングモール出店

その他、自社ショッピングサイトオープン、独学でHTML等ホームページ製作を行う。

平成11年(1999) 米国カリフォリニア ロバート・モンダビ見学

〃       イタリア キャンティ地方

平成12年(2000) ドイツワイン蔵元探訪ツアー

私が20代だった昭和50年から60年代は、酒業界は粗製乱造が酷いもので、日本酒が変だということに気づき、地酒こそと、日本名門酒会の但馬初加盟店として但馬に初めて地酒を広めました。その後、ソムリエスクール、酒匠などの制度ができましたが、今さら資格をとっても商売にあまり関係ないと思いつつ、今日に至っています。

趣味のかたわら40代後半から放送大学(京都C)在籍中です。歴史や政治、とくに近隣や京都の神社仏閣などを散策するのが趣味です。

パソコンは個人の計算、ワープロから、パソコン通信が出来始め電話回線でコミュニケーションができるようになり、Mac、WINDOWSへと大きな進歩を遂げて、インターネット草創期から20年、ワープロから数えれば30年以上になります。つまり、ITとEC全般を幅広く絶えず日々最前線でWebマーケティングを行っている当事者としてローコストで誰でも管理・更新できる便利でホームページづくりをめざしてきました。ユーザーと経営者や担当者の目線に立った経験と第一線の現場でご提案します。私は、自分が好きだったこともあって、ワープロ、パソコン草創期から、POSレジ伝票発行システム等、おそらくインターネットへ、大手ショッピングモール経験等、自らの事業で独学で学んできて、早いもので、もう30年近くになりました。作業をユーザー視点でトータルに把握でき、スムーズに制作・代行が行ることができます。自営業という環境での受注・配達フットワークの早さと経験が身についています。(^_^;)

「CMS Opener」はサイドビジネスであり、パンフレットや情報チラシとホームページも伝達手段が変化したに過ぎず同じだと思います。したがってデザインは大切ですが、それより先にまず内容・情報であり、ニュース記事の慣行として知られる5W「When(いつ) Where(どこで) Who(誰が) What(何を) Why(なぜ)」、1H「How(どのように)」であり、記事の内容(コンテンツ)がすべてではないでしょうか。そしてデバイスはパソコンにとどまらずスマホ、タブレットのみのユーザーがインターネットの半数近くになっています。したがってホームページ・ブログもあらゆるデバイスに対応(レスポンシブ)するCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)が主流になりつつあります。

ホームページにオリジナルデザインで凝った機能を施せば費用は数十万から数百万円とかかるのは当然ですが、一旦完成したものを変更するのは大変で、記事や更新が簡単ではありませんでした。Wordpressなどの無料CMSによるレスポンシブテーマであれば、あらかじめテーマでスマホやPCなどのデバイス用にレイアウト生成するので、テーマをすぐに変更できるのが大きなメリットです。最大のメリットはブログやワード感覚で運営者が記事を簡単に更新できることです。日々進化する世界ですので絶えず最新のデザインに移行するのが簡単なのです。

趣味のかたわら40代後半からどうでもいい大卒ということですが、それも学歴で中退がネックとしてあり、放送大学(京都C)在籍中です。歴史や政治、また近隣や京都の神社仏閣などを散策するのが趣味です。

Work

知る楽しむ:sakezo.com/enjoy
アマゾン店:良酒市場さけぞう

オープソースでらくらく更新
Web企画・提案・代行・作成(WordPressほか) https://web-opener.com

Private

『Tajima Crossroad)』: https://kojiyama.net
『但馬国ねっとで風土記』:https://history.kojiyama.net
『神社拾遺』:https://jinja/kojiyama.net

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*