女性醸造家が造るザール・リースリング ドクター・ワグナー

 

 

ワグナー博士 Dr.Wagner

2000年、輸入元の主催で訪問しました。クリスティアーネの父、ハインツ・ワグナー氏が現役でした。2011年 クリスティアーネがオーナーになりました。中部モーゼルのJ.J.プリュム、S.A.プリュムも若い女性オーナーであり、ドイツでも女性のオーナーが増えています。

.


町の中心部とドイツ国鉄ザールブルク駅
ザールブルグ DR.ワグナー醸造所は駅のすぐ前にあります

  

地下セラー 1898年に建設されたザールで最も古いセラー。セラーというよりたくさん部屋があるトンネル

オーナー クリスティアーネ ワグナー(5代目)

2008年 ガイゼンハイム大学のワイン学科を卒業後、ロバート・バイル、フォン・フォルクセム等で修行。2009年、クリスティアーネが参加。

2011年 クリスティアーネがオーナーになる

ブドウ畑 ザールブルガー ラウシュ2.6ha、クップ2.4ha、オクフェナー ボクシュタイン1.6ha
葡萄品種 リースリング100%
伝統的な木のフーダー使用。樽はそれぞれ違う成長をし、違う味になる。それがメリット。酸と他の成分の調和が生まれる。他のザールワインより酸が尖っていないのは、古いフーダーを使っているためです。
所属団体 VDP(ドイツ・クワーリテーツワイン協会)

 

 

 

 

 

シャルツホーフベルグとオクフェナー・ボクシュタインは、エゴン・ミュラーよりもその名にふさわしいシャルツホーフベルグを提供し始めています。

ブドウはその急な斜面にしがみついています。ザールバレーのツィリケンとオベレンメル博士のブドウ畑は典型的なパターンに従っていますが、ハインツワーグナーの所有地を独占する場合、同様のワイン醸造方法を使用します。
違い。ラウシュからのワインは非常にミネラルです。
ザール・リースリングの典型的な桃のような果実に加えて、明確な柑橘類の要素を持つ特徴。ハンノ・ツィリケンは常に鋼(はがね)のように堅く、若いハインツ・ワグナーのワインは丸くてジューシーで、スパイスがたっぷり、ザール・リースリングの典型的な桃のような果実に加えて、明確な柑橘類の要素を持つのが特徴です。

ザールブルガーラウシュは、非常に異なるスタイルであるため、特別な注目に値します。この地域の最高のワインメーカーは両方ともからクラシックなザールワインを作ります
ブドウはその急な斜面にしがみついています。ザールバレーのツィリケンとオベレンメル博士のブドウ畑は典型的なパターンに従っていますが、ハインツワーグナーの所有地を独占する場合、同様のワイン醸造方法を使用します。 ラウシュからのワインは非常にミネラルです。

鉄道駅の隣のザール川の向こうには、ワーグナー一族の印象的な19世紀の邸宅があります。ワーグナーはかつて重要なスパークリングワイン生産者でした。公園のような庭園の下には、地下室のセラーがあります。今日必要な控えめな数のワイン樽は、より広大な時代のこの広大な洞窟でほとんど失われているように見えます。

オックフェン村の上の森林がそのふもとにたたずむオックフェナーボックシュタインの壮大な円形劇場は、ザールで最も美しい光景の1つです。 高級リースリングの供給源としての町の名声は、40年以内にさかのぼる比較的最近のものであり、オックフェナーボックシュタインのワインは長い間、高い評価を得ていました。 しかし、1980年代には、刺激的なオクフェンワインがいくつかありました。 現在、ワグナー博士とツィリケンの醸造所は、良質のワインを作るための最高の源泉であり、競い合っています。 良い年には、ザールの最も魅力的なワインのいくつかであるボックシュタインワインは、リッチでクリーミーな味とサクサクした酸味を兼ね備えています。

アイルは、同名の優れたブドウ園アイラークップ。一流のホテルとレストランであったはずの比類のない村です。 クップの畑は、1971年のワイン法が導入されたときに大幅に拡張されました。 アイラー クップ(円頂)は良い名前です。 アイラークップは、クラシックなザールの酸味を持ち、花のキャラクターとサクサク感のあるジューシーなフルーツのアロマを組み合わせています。ピーター・ラウアー醸造所の本拠地であるアイラークップよりも、素晴らしいワインを味わうのに最適です。

「ザ・アトラス・オブ・ジャーマニー」スチュアート・ピゴット シリーズ監修 ヒュー・ジョンソン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。