10月1日は「日本酒の日」です。

10月1日は「日本酒の日」です。

10月1日の「日本酒の日」には確かな根拠あり

「日本酒の日」というのをご存知でしょうか。10月1日がその日にあたるその根拠とは?酒に関する漢字-酌、酔、酩、醪、醸・・・・にはツクリ「酉(とり)」が共通しています。「酉」は酒壷を表す象形文字で、古代にさかのぼるにつれて下のほうがだんだんとすぼみ、その昔、酒を熟成させるために用いた酒壷の形のようにみえます。もとは「酉」だけで酒を意味していましたが、後の液体に表す“サンズイ”がついて今の酒という字になったといいます。

この“酉”は、十二支の中の10番目の“酉”としても使われています。酉の月は10月の新穀の実る月であります。その穫り入れた新穀を使い、酒造りを一斉 に始めた月なので「酒の月」ともされました。そこから 10月から翌年の9月までを酒造年度としていたようで、酒造元日である10月1日が「日本酒の日」となりました。

-日本酒サービス研究会-

konotorisake

2012-07-06-17.57.16
お酒の神様 酒垂神社/兵庫県豊岡市法花寺

kukuhi1
こうのとりの神社 式内 久々比神社/兵庫県豊岡市下宮

10月は神無月(かんなづき)。出雲では反対に日本中の神様がお集まりになられるので、出雲大社ほかいくつかの神社で旧暦10月に「神在月」の神事が行われる。
「まつりごと」。政治の原点は村のまつり。。。祀り、奉り、政り、祭り。

Posted In Categoriesお知らせ

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*