ボックスボイテル型のフランケンワイン

ドイツワインといえば、リースリングを代表するフルーティーな甘口白ワインのイメージが強いと思います。実際は約半分は辛口(トロッケン)が占めており、中でもフランケン地域のワインは、唯一リースリングよりもジルファーナーやミュラー・トゥルガウから造られる辛口ワインが主流で、独特なボックスボイテルという扁平ボトルに詰められるなど、他の生産地域と異彩を放っている産地がフランケンです。

 

 

 

 

 

ぶどう畑の大部分はアシャッフェンブルクとシュヴァインフルトの間にあり、そこをマイン川が大きなW字型を描いて流れています。すべてのぶどう畑がマイン川かその支流流域の南向きの斜面に開墾されています。

なぜフランケンは独自なワイン文化が育ったのでしょうか。

フランケンは、バイエルン州のライン川の東約65 kmに位置し、そのほとんどのブドウ畑は、W字型を描いて流れるマイン川とその支流を覆う南向きの丘陵斜面に植えられています。

フランケンのワインは、フルボディでアロマが少なく、よりドライで、硬く、土が多いのが一般的で、ドイツのワインの中で最も男性的です。フランケンワインの独特な個性の一部は、気候によるものです。寒い冬、年間降水量が多く、早い霜が長く、暖かい秋はまれです。その結果、熟成が遅いリースリングは小さな役割を果たします。ミュラー・トゥールガウ、シルヴァーナー、バッカスは最も重要な白色品種です。

赤ワインのブドウは、アシャッフェンブルクとミルテンベルクの間の地域の西部で繁栄します。最高級のフランケンワインは、伝統的に、ボックスボイテル型のスクワットグリーンまたはブラウンボトルで瓶詰めされ、丸いボディで地域のワインにかなりの価値を与えます。

歴史

フランケンは、バロック様式の都市ヴュルツブルクとそのシュタインワインから始めなければなりません。ヴュルツブルクはヨーロッパの偉大なワイン都市の一つであり、何世紀にもわたってこの地域の政治の中心地でした。1802年にバイエルンの王が彼らの支配に取って代わるまで、カトリックのプリンス司教の座でした。今でも、この都市は2つの記念碑的な邸宅に支配されています。1253年から1719年までの約5世紀にわたって、彼らはマイン川の東岸にあるマイン川のほぼ100メートルに位置する巨大なマリエンブルク要塞を支配していました。その巨大な要塞と西岸の町周辺の要塞は、14世紀と15世紀にさかのぼり、王子司教を侵略者と同様に彼ら自身の対象から保護するために建設されました。これらは激動の時代であり、1308年、1400年、1476年、および1525年に農民の蜂起が起こりました。

ヨハン・フィリップ・フランツ・フォン・シェーンボルン(1719?24年のプリンス・ビショップ)が裁判所を町に下ろすことにしたとき、彼は若い建築家バルタザール・ノイマンを雇って彼の巨大な宮殿を設計しました。その結果、強大なレジデンツは、ドイツで最も印象的なロココ様式の建物です。
ビーグフランケンのなだらかな田園地帯には、豊かなワイン造りの伝統と無数の歴史的および建築的宝物があります。

18世紀は、この地域の歴史の最高点でした。これは、その時代の顕著な建築に反映されています。 1746年、フリードリッヒ・フォン・シェーンボルンの主導により、マインは重要な商業用高速道路になりました。スタインのワインが国際的に有名になり、ヴュルツブルクがドイツで最も有名なワイン都市の1つになったのも18世紀のことでした。

ワイン商人は、ヴュルツブルクのワインには「スタインワイン」という名前を使用していました。しかし、当時、ヴュルツブルクやブドウの品種の言及なしにボックスボイテルのボトルで販売されていたスタインワインは、一般的に強い風味の強いドライワインであると想定されていました。ブドウの品種は、常にシルヴァーナーまたはシルヴァーナーとその他の混合物でした。成功した世紀によってもたらされた変化にもかかわらず、同様の種類のスタインワインは、2世紀から3世紀前に有名になった地所によってまだ生産されています。これらの地所は、王子司教の地所の後継者であるスタートリッヒャーホフケラー、同名の病院と老人の家、およびビルガーシュピタル病院の市民基金に資金を提供するユリウスピタル教会財団です。
スタートリッヒャー ホーフケラー ヴルツブルクは、レジデンツの壮大な階段とティエポロの天体天井の下の地下室を今でも占有しています。古代の樽は、洞窟のようなアーチ型のギャラリーにあり、ラインガウの大邸宅の地下室さえも取るに足らないものに見えます。 ユリウスシュピタールのワインは、同等の環境で熟成します。醸造所の樽セラーのメインギャラリーは、ルネッサンス病院の建物の正面から100メートル以上延びています。

ぶどう品種

フランケン地方で栽培されているぶどうは、白ワイン品種が80%以上を占めています。ジルヴァーナーはフランケン地方の伝統的品種です。最も多く栽培されているのは、繊細なアロマを持つミュラー・トゥルガウで、ジルヴァーナーより若干多く栽培されています。若手の造り手たちが現代人の好みに合わせたスタイルで醸造しており、新たなブームがやってきています。ジルヴァーナーとミュラー・トゥルガウの他には、白品種のバッフスが、この地方独特のワインとして重要な役割を果たしています。マインフィアエックと呼ばれる西部の地区では、雑色砂岩土壌の畑でシュペートブルグンダーなどの赤品種が栽培されています。

森、なだらかな田園地帯、壮大な城、フランケンの教会には、その豊かなワイン造りの伝統から離れた多くの魅力があります。丘陵地帯に囲まれたドイツの中心部でのその位置は、ある程度まで文化的および政治的に孤立して発展することを可能にしたからです。フランケンの地理的状況も気候に強い影響を与えます。これらの要因が組み合わさって、この地域のワインにドイツのワインのステレオタイプのイメージとはまったく異なる特徴が与えられます。

フランケンは、非常に幸運であったか、非常に目が遠かったようです。戦後数十年の間に、ドイツのワイン文化の大部分を浸食してきた流行の変化に影響されましたが、フランケンのワイン醸造業者のかなりの割合が伝統的なスタイルに忠実に関わったままです。フランケンは常に辛口ワインの国であり、充実した郷土料理とともに飲むための心のこもったワインを作ることに専念しています。しっかりとした、素朴な風味としっかりとした酸味を持ち、多くのラインワインやモーゼルワインに見られるフローラルな魅力はめったにありません。フランケンは、その伝統的な品質のワイン用ブドウであるジルファーナーから最高品質のワインを生産する世界で唯一のワイン生産地域です。

優良生産者

最良のワインは、ランダーサッカーのマーティン・ゲーベル、ロバート・シュミットとシュミットのキンダー、ヴュルツブルクのユリウスシュピタールとシュタットリッヒャー・ホフケラー、シュタイガーヴァルトのカステルとヨハン・ラック、ヴュルクシュタットのヴュルツブルクとアシャッフェンブルクの間にあるルドルフ・フュルストです。シュタイガーヴァルトの最も重要なワインの町、イプホーフェンのハンス ヴィルシングは、フランケンの最もエレガントなドライリースリングとジルファーナーを生産しています。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA