プリュム ファミリー(Prüm)

モーゼル川のピースポートから南に流れるモーゼル川は、ミンハイム村で180度北に向かいます。東に向きを変えて銘醸地ブラウネベルク、リーザーを過ぎ中部の中心都市ベルンカステル-クエスを過ぎると、北西に流れを変えるところにヴェーレナー ゾネンウーア「日時計」の超一流畑があるヴェーレン村があります。ピースポートのハールト一族のようなプリュム ファミリー(Prüm)があります。モーゼル川岸に同じ一族の醸造所の19世紀の建物が立ち並ぶ美しい光景はモーゼルでも他に類を見ません。

ドイツを除く世界のどのワインの国も、同等のファミリーはありません。プリュム一族の祖先は、ヨハン・フィリップ・プリュムの息子セバスチャン・アロイス・プルム(1794-1871)。そして彼の一人息子であるマティアス・プリュム(1835-1890)の子孫たちによって、多くの有名なワイナリーが開発されました。人気ランキングによると、ドイツの5つの最高のワイン生産者は、マティアス・プリュムから派生しています。

  • ヨハン ヨゼフ プリュム(Joh.Jos.Prüm 略してJ.J.Prüm(ヨット ヨット プリュム (Mosel-Wehler)
  • ドクター ローゼン(Dr.Loosen Mosel)
  • ロバート ヴァイル(Robert Weil Rhaingau)
  • ヨゼフ クリストフェル Jr.(Jos. Christffel Jr. Mosel-Urzig)
  • S.A.プリュム(S.A.Prüm Mosel-Wehler)

さらに他の多くの主要醸造所は、セバスチャン・アロイス・プルムと彼の息子マティアス・プルムに原点があります。(アルファベット順)

  • ドクター ポウリー ベルグワイラー(Dr.Bergweiler Mose-Bernkastel=kues)
  • スチューデルト・プリュム(Studert-Prüm Mosel-Wehler)
  • ドクアー F.ヴァインズ プリュム(Dr.F.Weins-Prüm Mosel-Wehler

プリュム家の最初の兆候は1156年の文書に遡り、ゲルハルトス・プリュム家がブドウ畑を所有していたことを証明しています。

彼には7人の子供がいて、そのうちマティアス(1835-1890)だけが結婚していました。セバスチャン・アロイス・プルムに因んで、1911年にS.A.プリュム(S.A.Prüm)醸造所を設立しました。マティアス・プルムは、19世紀中頃には約17ヘクタールのモーゼル川で最大の高級畑を所有していました。この地所は1871年に息子のマティアス・プリュム(1835-1890)に引き継がれました。彼の息子であるライムント・プルムによって管理され、 世界的に有名なトップブドウ園になりました。 ブドウ畑は30ヘクタールの荘厳な大きさに成長し、モーゼルの最も急なブドウ畑に広がり、すべて最高の白ワイン品種「リースリング」が植えられました。 ドイツで最高のワイナリーの1つで、国際的な成功を収めています。

ヴェーレンの日時計(ゾンネンウーア)

ヴェレナー ゾンネンウーア(日時計)畑

有名なウェーレン日時計は、1842年に祖先の末弟であるジョドクスプリュム(1807-1876)によって建てられました。

最高のヴェーレンブドウ園の真ん中にあるスレート崖にヴェーレン日時計を作りました。 彼はブドウ園の指定をしたくはなかったが、ワイン労働者の時間の目印を促進した。 翌年、日時計はヴェーレンの場所と町の特徴となりました。日時計は、北隣のツェルティンゲン村のゾンネンウーアの畑にもあります。

0130821-100321Family Tree

1911年の分裂

1911年、S.A.プリュム(S.A.Prüm)は、それぞれの子どもたちに所有権が分割されました。長男、ヨハン・ヨゼフは自分の名前であるヨハン ヨゼフ プリュム(Joh.Jos.Prüm 略してJ.J.Prüm(ヨット ヨット プリュム)醸造所をS.A.プリュムのすぐ隣に設立しました。

次男、セバスチャン アロイス プリュムがS.A.プリュムを継ぎました。セバスチャン アロイス プリュムには6人の子供がいます。現在、ワイナリーは孫のバート・セルバッハによって管理されています。1971年以来、不動産はライムント・プルムによって管理されています。 しばしば呼ばれる「レッドプリュム」は、現在のエステートを作り上げました。ドイツで最高のワイナリーの1つで、国際的な成功を収めています。

三男、ペーターは、1581年から今日、ヴェーレンでブドウを栽培しているスチューデルト プリュム家は、1805年、正式に1256年に遡るブドウ園とハウスを所有しています。

後にはヴェーレンの聖マキシミン修道院に属する「マキシミンホフ」も追加で購入されました。
以来、ステファン・シュトゥダートとペーター プリュムの結合により、スチューデルト・プリュムStudert-Prümを設立しました。名門VDP(プラディカートワイン協会)のメンバーです。

醸造所名(左から)ドイツ語初代オーナー現オーナーぶどう畑
S.A.プリュム醸造所

VDP創設メンバー

VDP Weingut S.A.Prümセバスチャン・アロイス・プリュム(次男)サスキア・アンドレア・プリュム(2017年から。S.A.プリュムの孫娘)ヴェレナー・ゾンエンウーア(4.6ha)、グラーヒャー・ヒンメルライヒ(2.4ha)、〃・ドームプロスト(1.0ha)、ベルンカステル(4.1ha)計15ha
シュミッツ・カール・プリュム=エルベンの遺産Schmitz Karl Prüm-Schwaab Erben
シュトゥーデル・プリュム・マキシンホーフ醸造所Weingut Studert-Prüm Maxminhofペーター プリュム。1581ステファン・シュトゥーデルと合併マイケル・シュトゥダートヴェレナー・ゾンエンウーア、グラーヒャー・ヒンメルライヒ、〃・ドームプロスト、ベルンカステラー・バッドシュチューベ、〃・レイ 計5ha

フランツ・ワイン博士-プラム醸造所

VDP創設メンバー

Weingut Dr.F.Weins-Prümフランツ・ワイン

アンナ・マリア・プリュム(末娘)

バート・セルバッハヴェレナー・ゾンエンウーア、グラーヒャー・ヒンメルライヒ、ドムプロスト、ユルティガー・ヴュルツガルテン 計4ha
J.J.プリュム醸造所

VDP創設メンバー

Weingut Joh.Jos.Prümヨハン・ヨーゼフ・プリュム(長男)カタリーナ・プリュム(J.J.プリュムの孫娘)ヴェレナー・ゾンエンウーア、グラーヒャー・ヒンメルライヒ、ツェルティンガー・ゾンネンウーア、ベルンカステラー・バッドシュチューベ、〃・レイ 計20ha(リースリングのみ)

 

次女、アンナ マリアは、ザカリアス・ベルグヴァイラーと結婚します。 彼女は1904年に非常に若くして死にます。後に彼女の妹と結婚します。マリア アンナとザカリアス・ベルグヴァイラーには、2人の娘がいました。

長女、マリアは、ラインガウの名門ロバート バイルの息子のウィルヘルム・ヴェイルと結婚します。

ロバート バイル醸造所は、ドクター R ヴァイル氏が1868年、ラインガウ地方キートリッヒ村に畑を購入、1875年にワイナリーを設立しました。ドイツの醸造所としては比較的歴史の浅い醸造所ですが、時のドイツ皇帝ヴィルヘルムⅡ世が、ロバート ヴァイルの造るグレーフェンベルガー アウスレーゼをこよなく愛し、皇帝主催の正餐会に出したり、外遊の際に持参したことなどから名声を博しました。

次女のマグダラのマリアは、モーゼルのドクター ローゼンと結婚します。

ローザは、ワイナリー センフターのフランツヨーゼフセンフターと結婚します。

アンナカタリーナはユルツィヒのワイナリーヨゼフ クリストフェル Jr.カート クリストッフェルと結婚します。

最年少の娘であるアンナ・マリア・プリュムは後にフランツ・ワインと結婚し、フランツ ワインズ プリュム(Dr.F.Weins-Prüm)を設立しました。

世界中のワイン愛好家にとって、ヴェーレナー・ゾンネンウーア(Wehlener Sonnenuhr)の名前は偉大なリースリングと同義です。最高のヴィンテージでは、このサイトはモーゼル地方で最も豊かで、絹のような、最も魅惑的なワインを生み出します。これらのリースリングの名声は、遅い収穫のアウスレーゼと高品質のプラディカトワインがおそらく世界で最もエレガントなデザートワインであるヨハン・ヨット・プリュム(J.J.Prüm)の名前と密接に関連しています。これらはすべてのドイツワインの中で最も広く集められたものの1つであり、そのうちの1つである’90 リースリング トロッケンベーレナウスレーゼ(TBA)は、1瓶あたり1575,50マルク(189,060円)で販売することで1994年に最も高価な若い白ワインの世界記録を塗り替えました。

ヨハン・ヨット・プリュムは、ヴェーレンの川岸にあるウーヘラーレに並ぶ壮麗な家の列の1つを占めています。これらの家屋と吊り橋は、モーゼルのワイン村の中で独特の貴族的な外観をヴェーレンに与えます。ブドウ園にその名前を与えた日時計は、ヴェーレナー・ゾンネンウーアの険しい斜面にある岩に囲まれています。 1842年にジャドウクス・プリュムによって建設され、この地域で最も有名なランドマークの1つになりました。

ヴェーレナー・ゾンネンウーアは、若くても鑑賞しやすいワインを提供します。 J.J.プリュムの非常に遅い飲み頃のワインを除いて、ヴェーレナー・ゾンネンウーアはボトルに入った瞬間から事実上魅力的です。トップクラスの例は、純粋な桃のような果物とスイカズラの忘れられない香りの組み合わせを持ち、豊かで洗練されている必要があります。素晴らしい最高の状態で、ワインはフレーバーの深さと濃度の集中と、シェールの途方もない繊細さと繊細さの間の驚くべきバランスの取れた出来栄えを維持します。そのようなワインを生産している最近のヴィンテージは、90年と88年で、どちらもセンセーショナルでした。

上質なヴェーレナー ゾンネンウーアのワインは、ヘリベルト・ケルペン、ルーゼン博士、SAプリュム、クリストッフェルプリュム、ウィリ・シェーファー、セルバッハ・オスターとドクター・ヴァインズ・プルムによって定期的に作られています。 この優れた生産者の数の多さは、プリュム・ファミリーのさまざまな分家や他の野心的なワイン製造業者の間での激しい品質競争の結果です。 このライバル関係は、ヴェーレンのワインが好評を博した1920年代にさかのぼりますが、それでも今日の名声や人気に勝るものはありませんでした。ヨハン・ヨゼフ・ピリュムは、1940年代後半から1950年代初頭に現在の優勢を始めました。

「ザ・アトラス・オブ・ジャーマニー スチュワート・ピゴット シリーズ監修 ヒュー・ジョンソン」

女性の手で初めて

J.J.Prümのマンフレッド氏の長女、カタリナ・プリュムは、2003年に父親と一緒に生産し始めたワインは、現在彼女自身が管理しており、ワインが家のスタイルであるのと同じ遊び心のある使いやすさでワイナリーの評判を維持しています。

2017年7月1日、彼の娘のサスキア アンドレア プリュム(Saskia Andrea Prüm)がワイナリーの管理を引き継いだため、ワイナリーの最初の女性所有者であり、S.A.プリュムとは別に彼女のイニシャルでワイナリーの名前を持っています。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA