ラインガウ地域は、ラインガウの輝かしいワインの歴史と自身の業績は、その両方の面で、ドイツおよびその他の地域に影響を与えた世界で最も重要なワイン地域の1つとなっています。ラインガウがなければ、リースリングのブドウの可能性は実現されなかったかもしれませんが、開発されたことはありません。

ラインガウは常にその偉大な伝統に応えているわけではなく、そのリースリングは常にクラス最高を持っているわけではありません。モーゼル地域のように、ラインガウのブドウ栽培はローマ人から始まりました。これは、東のヴィンケルから西のリューデスハイムに散らばる考古学的な遺跡からも明らかです。おそらくローマ帝国の最も重要な部分であるローマ人のブドウ栽培は、今日では、1100年頃のヨハニスベルク修道院と1136年のクロスターエーベルバッハ修道院の設立に続きます。

 


中世のブドウ圧搾機

ライン渓谷の地勢では、川が東から西へ流れ、南向きの多くの日当たりの良い斜面を作ります。 13世紀までに、エーベルバッハ修道院の修道士たちは、ラインガウをヨーロッパで最も成功したワイン生産地域の1つに変え、ブドウ園の広い領域にブドウを植えました。彼らの土地は世界最大の商業ワイン生産者になりました。

この時代の豊富な建築物が残っており、その多くはまだよく保存されています。クロスターエーベルバッハの畏敬の念を起こさせる修道院は、おそらく最も印象的な例であり、それはハッテンハイムの村の上の森林に覆われた丘の間にあります。精巧に作られたこれらの壁の内部と周辺では、修道士は一生懸命働いてワイン造りの方法を改善し、最高の素材を選び、セラーの設備と技術を開発しました。

クロスターエーベルバッハ修道院は、ラインガウの銘醸畑を多く所有していますが、中でも最も有名なのが修道院のすぐ南に位置するシュタインベルガー(シュタインベルク葡萄園)です。シュロス ヨハニスベルガーと並ぶラインガウの二大双璧といわれ、あまりに著名なため村名を省略できることを許されたオルツタイルラーゲ(他にはシュロス フォルラーツ、モーゼルのシャルツホーフベルガーの4葡萄園のみ)です。

 

 

プリンツ(ハルガルテン)

そのクロスターエーベルバッハ修道院(州営ラインガウ醸造所)で、1995~2004年、ケラーマイスター(醸造責任者)として、全行程を任されていたのが、フレート プリンツ氏(1970年生まれ)。彼は修道院勤務のかたわらで、シュタインベルガーなど有名な畑が見渡せる丘にあるハルガルテン村の自宅で趣味としてワイン造りを開始しました。ラインガウで注目を集める小規模生産者です。彼が造り出すワインは、明らかに州営ラインガウ醸造所のワインの質を上回り、多くのドイツワインファンを驚かせています。かつてはリースリングしか造りたくないと思っていましたが、今は赤ワインにはまっています。オエストリッヒの上で、おそらくラインガウで最も評価の低いワインの村、ハルガルテンを知ってください。若いうちは、ハルガルテン リースリングは、強くてしっかりしていて、固さがありますが、数年後に見事に花開くことができます。成熟した場合、良い例は、はるかに有名なブドウ園のワインと比較できます。唯一の問題は、このようなワインを見つけることが困難なことです。ハルガルテンは、日常のワインを生産する協同組合に支配されているからです。村自体では、フレート プリンツの小規模生産者が最高のワインを作っています。 フルスト レーヴェンシュタインなどの他の生産者がこれらのブドウ園から良いワインを作っていますが、それらはブドウ園の表示なしで販売されています。その結果、ハルガルテンの名前はラベル上でほとんど見られず、その貧弱なプロフィールは継続します。


VDPプレディカーツワイン協会メンバー

ハルガルテンのあいまいさとハッテンハイムの名声の対比は、それ以上劇的な差ではありません。ヌスブルンネン、ヴィッセルブルンネン、パッフェンベルグ、マンベルグ、エンゲルマンベルグがこの村に集まっています。ラインガウワインのモデルの説明は、これらのサイトの最高のリースリングにぴったりです。
それらは、高貴で貴族と呼ばれるにふさわしい形で、深さとエレガンス、主張性、そしてフィネスを組み合わせることができます。これらのサイトのそれぞれは、独特の個性を持つワインを提供します。

「ザ・アトラス・オブ・ジャーマニー」スチュアート・ピゴット シリーズ監修 ヒュー・ジョンソン

クラス(キードリッヒ)

エルバッハといえば超一級畑マルコブルンが有名ですが、クラス醸造所はそのエルバッハにあります。1630年からヴィンケル、ハッテンハイム、そして1850年に現在のエアバッハで畑を所有し、現オーナーでありケラーマイスターを務めるマティアス クラスの曽祖父の時代にワイン造りをスタートしました。1824年生まれのヤコブイグナツ クラスは、エルバッハ市長兼ワイン委員として国境を越えて知られるようになりました。2014年に父のヴォルフガングから、マティアスがワイングートを引き継ぎました。ヴォルフガングの時代は一部のワインだけを元詰めしていましたが、マティアスがオーナーになると醸造設備を近隣の広い場所に移転し、少しずつ畑を買い足し、現在8haを所有しています。

マティアスはワイングートを引き継ぐ前は、シュロス フォルラーツで職人として見習いを始め、その後、ブドウ栽培技術者として3年間の訓練を受けました。この知識を基に、彼はラウエンタールのワイン生産者協会、バート(ハッテンハイム)ではワインとスパークリングワイン造りの基礎を、そしてシュロス ラインハルツハウゼンでケラーマイスターを務めていました。バートシュロス ラインハルツハウゼンやシュロス フォルラーツではリースリングのワイン造りの基盤を学びました。これらのワイナリーでの経験が、現在のワイン造りに生かされています。畑での作業だけでなく、品種やワインの等級ごとで、発酵に使用する酵母、発酵させるタンクや樽、熟成の仕方など最適な醸造方法を見極め、最良のワインを造り上げることが彼の哲学です。「一種類に特化した生産者もいますが、大切なことは、その時々、シチュエーションにあった最良のものを造ること。」とマティアスは語ります。

葡萄園はジーゲルスベルク、シュタインモルゲン、ミヒェルマルク。ジーゲルスベルクはマルコブルンの上部に位置する畑。リースリングのの古木(平均樹齢25年、中には樹齢45年の葡萄もあります)とピノ ノワール(25年樹齢)を栽培しています。シュタインモルゲンはジーゲルスベルクの畑より上部に位置し、砂の多い土壌です。こちらでは40年樹齢のリースリングを栽培しています。ミヒェルマルクはジーゲルスベルクとシュタインモルゲンの間に位置し、若い樹齢の樹が多く、主にベーシックワイン用の葡萄を栽培します。

マティアス・クラスはさまざまなブドウ品種を扱うのが好きなので、特産品であるピノ・グリゲルバー・マスカットラー、ソーヴィニヨン・ブランメルローなど複雑な品揃えのワインは正確で個性豊かです。

ラインガウの著名ワインは、価格的に高いですが、プリンツとクラスはその品質にしてお値打ちなワインです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA