ドメーヌ ド ジョイ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ドメーヌ ド ジョイ

  

ドメーヌ ド ジョイ 南西地方 フランス

ガスコーニュを代表する生産者

「2006年からリュット レゾネで栽培」  畑はピレネー山脈を臨む丘陵地帯の斜面で、南斜面にワイン主体の葡萄(石灰と粘土質土壌)を栽培しています。土の分析を年に1回行い、土壌に不足している成分の施肥を行います。また、樹と樹の間の掘り返しを年に2回行います。1列おきに草を生やしています。平均樹齢は25年で、最も古い樹は40年樹齢です。グリーンハーベストをし、収穫量を減らします。
「丁寧な収穫とワイン造り」  収穫は、他のワイナリーよりもいつも遅く、より集約度の高い葡萄を造る努力をしています。収穫は、品種別、区画別に、選別機械で行います。葡萄の温度が低いことが大切で、朝4時から始め、遅くとも10時には終えるようにします。葡萄は、除梗します。7~8度で10時間醸しをします。ニューマティックプレスで、低圧で圧搾後、6度まで下げて48~60時間、澱を沈めます。温度管理の下、区画別、品種別に発酵させます。定期的にルモンタージュしながら、6~7週間シュール リで寝かせます。12月末にブレンドします。フィルターを通します。ワインの内、75%が元詰め、25%はバルクで売っています。<評価>
ロバート パーカーJr.「ワインバイヤーズガイド」で3ッ星が付けられ、「最も成功し、味わいにも価格にも満足のいく辛口白ワインの生産者」のひとつに挙げられている。また、ヒュー ジョンソン「ポケット ワイン ブック2018」に★で掲載。

歴史1925年 ゲスラー家がワイン造りを始める
1980年代終わり 3代目のロランとオリヴィエの兄弟がドメーヌを立ち上げる。
2016年 ガエルといとこ2人が4世代目として引き継ぐ
オーナーガエル ゲスラー : 4代目。輸出担当。一部ワイン造りも。
ケヴィン ゲスラー : 従兄弟。醸造。
ロラン ゲスラー : 3代目。畑仕事。マーク ラリー : エノログ。アルマニャック出身。数件のエノログをする。
葡萄園葡萄園面積は、160haで、約145haがワイン、残りがアルマニャックを生産。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

Scroll to top

掲載の商品は、実店舗と兼ねておりますので、在庫数が予告なく変更となる場合がございます。 非表示

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。