シャトー ヴェルモン

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー ヴェルモン

  

シャトー ヴェルモン ボルドー フランス

敏腕コンサルタント、クロード グロ氏のアドバイスを受けています。

「娘夫婦がかつての名声を復活」  アントル ドゥー メールのタルゴン(Targon)村に位置し、40haの葡萄畑を所有しています。現在のオーナーはエリザベートとダヴィドのラバ夫妻です。ヴェルモンは1880年代からアントル ドゥー メールを代表するトップ シャトーとして知られていましたが、その後、過去の名声を失っていました。2010年に、娘で4代目のエリザベートが夫のダヴィドと共に、父からシャトーを引き継ぎました。そして、より高い品質とテロワールが反映されたワインを目指し、大々的な改革を行いました。新しいセラーを建設し、モダンな設備を導入しました。また、畑についてはヘクタール当たりの植密度を上げるため、植え替えを行いました。
「クロード グロがアドバイス」  ワイン造りについては、ラングドックのラ クラープのトップ生産者シャトー ラ ネグリを筆頭に、ボルドーやスペインなど数多くの生産者を手掛ける敏腕コンサルタント、クロード グロのアドバイスを受けています。
「アシェットその他で高い評価」  現在、シャトー ヴェルモンのワインは「ル ギド アシェット デ ヴァン」や「ギド デ ヴァン ベタンヌ +ドゥソーヴ」、「デカンター」等のワインガイドやワイン雑誌で高く評価され、また品評会で数多くのメダルを獲得しています。

オーナーエリザベート ダバ : 4代目
ダビド : 夫
葡萄園40ha

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

Scroll to top

掲載の商品は、実店舗と兼ねておりますので、在庫数が予告なく変更となる場合がございます。 非表示

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。