シャトー ド フラン

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー ド フラン

  

 

シャトー ド フラン ボルドー フランス

上位キュヴェ レ スリジェは、フランのトップ シャトーのひとつとして、高い評価。

「ボルドー最強のタッグのひとつ」  シャトー シュヴァル ブランを100年以上に渡って所有してきたエブラール家のドミニク エブラールと、シャトー ランジェリュス等の所有者のユベール ド ブアールが、1985年から共同で購入し経営を始めました。以前から二人は友人で、夫人同士も仲が良く、ボルドーワインのみならず、ワインに対する価値や味わいの好みが似ています。この畑は、良い価格、良いテロワールであったので買いました。その行動に、当時シュヴァル ブランのオーナーであったエブラールの父は「馬鹿か!」と言ったそうです。しかし、このシャトー ド フランが成功し、良い意味で父の予想を裏切る事となりました。エブラールは、「良い挑戦が出来ている」と自信を持っていて、今後もユベールと一緒にやっていきたいと考えています。エノログは、ユベールが担当しています。
「フランを代表するシャトー」  ヒュー ジョンソン「ポケット ワイン ブック2018」でフラン コート ド ボルドーの、ロバート パーカー Jr.「ボルドー第4版」で、コート ド フランのトップ シャトーのひとつに、また「デカンター2012.09」で、『(オズ) クラークが選んだお値打ちな、素晴らしい12のシャトー』のひとつに選ばれています。「ドミニク・エブラールとユベール・ド・ブアールが共同経営するこのワイナリーでは、赤と白のいずれも確かな品質を有するワインを造っている。赤は、何よりもまず、その洗練された絹のようなテクスチャーに驚かされるワインで、3~5年熟成させてから飲むことを勧める。レ・スリジェは巧みに熟成されており、フルーツの味わいと余韻の長さを見事に有した、とても風味の高い良質なワインとなっている。」  「クラスマン2004日本語版」

オーナードミニク エブラール :トップ写真左。シャトー シュヴァル ブランを100年以上に渡って所有してきたエブラール家。
ユベール ド ブアール :トップ写真右。シャトー ランジェリュス等の所有者。エノログを担当。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

Scroll to top

掲載の商品は、実店舗と兼ねておりますので、在庫数が予告なく変更となる場合がございます。 非表示

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。