《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ケスター ヴォルフ

Koster Wolf

ケスター ヴォルフ 

ケスター ヴォルフ ラインヘッセン ドイツ

夫婦仲のよいところはよいワインを造るの言葉を、実感させてくれます。

ケスター ヴォルフ家のワイン造りのポリシーは「伝統と現代技術の融合」です。葡萄園面積は34haで、そのほとんどが作業に大変手間のかかる斜面の畑です。貝殻を多く含む土壌であるため、ミネラルが豊富です。葡萄は土を選ぶので葡萄に適した土に植え、葡萄にはストレスのかからない、やさしい扱いをし、収穫量は少量に抑えた栽培を心掛けています。また、2年ごとに土中の成分を調べ、栄養を与える草を選んで植えます。その草は5月に刈り込んで土の上に放置し、肥料とします。そして、醸造に関しては最新の技術を取り入れ、新鮮で繊細な果実味を引き出すようにワイン造りを行っています。シルヴァーナ、フクセルレーベなどは、発酵前に醸しを行います。
歴史1684年 創業。
1991年 クラウス&ベアベル夫妻が、祖父からワイン造りを引き継ぐ。12代目。
オーナークラウス ヴォルフ : 1966年生。妻ベアベルとは、通っていたガイゼンハイム専門大学で知り合う。卒業後ワインの研究を兼ねてファルツに働きに行き、バッサマー ヨルダンでも2~3週間ワイン造りの実践。

引用データ:(株)稲葉

 

Scroll to top

掲載の商品は、実店舗と兼ねておりますので、在庫数が予告なく変更となる場合がございます。 非表示

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。