ワイングート モーゼルシルト

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ワイングート モーゼルシルト

Weingut Moselschild

  

モーゼルシルト モーゼル ドイツ

「自分の人生の生き写しがワインだ」 そう語るシルト氏の熟成リースリング

モーゼルシルトは7世代続いた家族経営のワイングートでした。1960年にクルト シルト氏が両親からワイングートを引き継ぎました。ワイングート カール エルベスの現在のオーナー、シュテファン エルベスの父でワイングートの創設者、カール エルベスがケラーマイスターとして長年働き、ワイン造りを手掛けていたワイングートでもあります。畑はエルデナー プレラート、エルデナー トレプヒェン、ユルツィガー ヴュルツガルテンに畑を所有していました。その中でエルデナー プレラートの葡萄は接ぎ木をしていない100%自根のものです。生産量のほとんどは、オーナーのシルト氏がユルツィヒ村で経営していたホテルの専用ワイン、また個人客向けに販売されていました。現在、シルト氏は引退し、ワイングートとしてのモーゼルシルトは残念ながら廃業しています。しかし、これらのオールドヴィンテージのワインは、すべてカール エルベスの手によるものです。
引用データ:(株)稲葉
Scroll to top

掲載の商品は、実店舗と兼ねておりますので、在庫数が予告なく変更となる場合がございます。 非表示

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。