ラガール ダ コンデサ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ラガール ダ コンデサ

  

ラガール ダ コンデサ 大西洋地方 スペイン

アルバリーニョでは珍しい樽発酵、樽熟成のフルボディタイプ

ラガール ダ コンデサは、フミーリャを拠点とし、スペイン各地に9つのボデガを展開するヒル ファミリー エステーツがリアス バイシャスで始めたボデガです。ワインメーカーは、ダビド ランディン。昔から、ワイン造りが盛んだったアルコス ダ コンデサ(Arcos da Condesa)村にあるボデガの周りに広がる畑の面積は、全体で18ha。標高は80~100m、土壌は70%が砂と花崗岩、20%が石灰質、10%が痩せた粘土質です。葡萄畑は南西向きで、風通しが良く、水はけのよい畑は、雨の多いこの地方での葡萄栽培に最適です。ファースト ヴィンテージは2013年。ラガールは、ガルシア地方の言葉でワイナリー、コンデサは伯爵夫人の意味で、村の名前でもあります。

歴史オロワインズの名前でリリース。ダビドが農協のスペースを借りて、醸造。
2013年3月 6haの畑付きで、ワイナリーを購入。ラガール ダ コンデサに名称変更。
オーナーミゲル ヒル
ダビド ラディン(醸造責任者):ガリシア出身。母がカタルーニャ出身。ダビドはカタルーニャの大学で醸造を学ぶ。実家は葡萄栽培農家。

引用データ:(株)稲葉

〈ヒル ファミリー エステーツ グループ〉

お取り扱いワイン

Scroll to top

掲載の商品は、実店舗と兼ねておりますので、在庫数が予告なく変更となる場合がございます。 非表示

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。