sakezo

ボデガ エドゥアルド ペーニャ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ボデガ エドゥアルド ペーニャ

ボデガ エドゥアルド ペーニャ 大西洋地方 スペイン

リベイロで生まれたのでこの土地でワイン造りをしたいと思っていて、10年以上探し続けてやっと見つけた。

スペイン北西部ガリシア地方オウレンセ県にあるボデガ。収穫は、色々と混ぜるより、1つの品種だけを収穫をすることが大切だと考えています。最初にアルバリーニョとゴデージョを収穫します。葡萄が効率よく熟成するようにし、品種ごとに分けて醸造します。葡萄の果皮からテルペンやその土壌の持つ個性が最大限に引き出すようにしています。そのためには、皮をドライアイスで凍結させ、緩やかにプレス、その後、数時間マセラシオンし、個々の品種らしさがモストへ染み込むようにしています。熟成にはヨーロッパ産のオーク樽を使用しますが、バルサムの風味が強く出過ぎないように気をつけています。マイクロ オキシジェネーション(微量の酸素を樽に送り込み、酸化させ熟成する)で、均質で丸みを持ったワインになるようにしています。

歴 史1999年頃 畑を購入。
2003年 ボデガを設立。
2007年 ファースト ヴィンテージ販売。
オーナーエドゥアルド ロドリゲス
葡萄園7ha(100%自家畑)。標高250mのおだやかな斜面のやや西側。
砂地、粘板岩(スレート)、石
大西洋の影響で温厚な気候が保たれているが、冬は寒く夏は暑い。降水量は年間800~1000mm。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

トップへ戻る

実店舗の在庫数量等によって誤差が生じる場合がございます。 非表示

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。