sakezo

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 ポデーレ29


ポデーレ29 トスカーナ イタリア

 

絶滅寸前のプーリア北部の地葡萄ネーロ デ トロイアで鮮烈デビュー

「プーリア北部で高品質なワイン造り」 2007年に設立の、まだ新しいワイナリーです。プーリア北部、フォッジャ県チェリニョーラのボルゴ トレッサンティで、パオロ マッラーノと息子のジュゼッペによって営まれています。2011年から、大学卒業後からワイン造りに携わっていた、パオロの弟のミケーレが参加、畑仕事のために常駐しています。「プーリアは大量生産で質の低いものが多い。自分達は、デリケートで難しい葡萄品種を使い、他の人のやっていないワインを造りたい。」と語ります。収穫の1ヶ月前に畑で選別を行います。
「農場29番」 Podere 29の名前の由来は、第1次世界大戦後、退役軍人に土地の貸与が行われた際、ここが29区画目のPodere(農場)だったためです。ラベルの木は桑で、Gelsoも桑の木という意味です。祖父が別の場所に土地を持っていて、そこにあった桑の木が枯れそうでした。それを、今カンティーナのある場所に移したら元気になったので、再出発という意味も込め、カンティーナのシンボルとしました。
歴 史祖父の代まではオリーヴを、父の代は野菜を作っていた
2007年 設立
2010年 輸出開始
オーナージュゼッペ マッラーノ : 息子
パオロ マラーノ : 父。現在マルゲリータ ディ サヴォイアの市長をされている。
ミケーレ : 叔父
栽 培ICEA ビオロジコ、ユーロリーフ認証(2017年に取得)
肥料は撒かない。病気になっても、銅や硫黄は使用しない。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン

トップへ戻る

実店舗の在庫数量等によって誤差が生じる場合がございます。 非表示

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。