(有)富田酒造場

蔵元の概要

社 名 (有)富田酒造場
所在地 鹿児島県奄美市名瀬入舟町7-8
創業年 1950(昭和25)年
杜氏名
紹 介

奄美の豊かな自然の恵みを受け、三石甕仕込みで造られる黒糖焼酎

黒糖焼酎蔵の中でも最も小さな蔵が造る珠玉の品。うるち米の黒麹、国産メインの黒糖、原生林の秘境・金作原(きんさくばる)の水を用いて、三石甕で仕込まれる。黒麹ならではのキレ、馥郁たる香りのコクのある味わい。

環 境 鹿児島から南西へ380km、沖縄との中間に浮かぶ奄美大島は亜熱帯の島。コバルトブルーの珊瑚礁の海に囲まれ、原生林に覆われた美しい自然が残る島には、天然記念物に指定されている動植物も多く生息しています。古くから海上交通の要所であった奄美諸島は、南方物産の交流拠点として栄えましたが、15世紀に琉球王朝、16世紀に薩摩藩、戦後にアメリカの統治を受けるなど複雑な歴史を辿り、周辺からの文化的影響を受けながら独自の文化を育んできました。大島紬や黒糖焼酎もその一つ。蔵は名瀬湾を囲む奄美市の中心エリア、400軒もの飲食店が並ぶ繁華街の屋仁川通りから歩いて1分ほどの場所に建ちます。江戸末期にオランダ人技師を招いて白糖が製造された工場跡地にあり、街中に近いとはいえ山裾にあるため、豊かな森の恵みをふんだんに受けながら焼酎造りをしています。
歴 史 蔵の創業は昭和26年(1951年)11月1日。戦後、奄美群島はアメリカの統治下となり、日本に復帰するのは1954年のクリスマまで待たねばなりませんでしたが、それに先立つ約3年前のことになります。蔵元の先代が大島支庁の公務を退職し、不足していたカメや水道管を集めて焼酎造りをスタートさせたのが始まりです。かめ仕込みならではの味わいを求め黒麹を復活した頃、日本名門酒会と出会い、そのやわらかくふくらみのある味は全国に知られるようになりました。
造 り 仕込み水にはミネラル豊かな金作原の原生林を水源とする水を、麹は破砕精米を黒麹造りし、主原料の黒糖は沖縄・奄美産黒糖を85%、インドネシア産黒糖(鹿児島日本食品現地工場)15%と国産を多く使っています。他社が次々とホーロータンクを使った大型の造りに移行していく中で、1次仕込み、2次仕込みの全行程を三石のカメ仕込みで発酵させています。この独自の伝承技術である甕仕込みによる自然な発酵課程が、うるち米のやさしいふくらみと香りのよさを素朴な黒糖の味わいで包み込むような、やさしくスッキリとした味の焼酎を造り上げます。

データ引用:日本名門酒会

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。