「あまさ」はあれど、糖分は0%

黒糖焼酎の原料は奄美諸島から沖縄のほうで栽培されている「サトウキビ」です。
そのため独特の甘い香りが最大の特徴です。糖分0%でも「あまさ」を感じるのは、糖化・発酵の過程で加わる、黒糖に含まれるさまざまな成分が、蒸留によって「香味成分」としてアルコールと共に抽出されるからです。

戦後、奄美群島はアメリカ軍政下におかれ、本土と切り離され流通が制限されていた中、不足する米の代わりに売りたくて も売り先の無かった黒糖が焼酎造りに多く使用されるようになり、現在の奄美黒糖焼酎につながりました。

昭和28年、奄美群島が日本に復帰するにあたり、酒税法の特例通達で米こうじを使用することを条件に、奄美群島だけに黒糖を使った焼酎製造が認められました。現在では、奄美群島の特産品として多くの皆様に愛飲されています。