霧島酒造(株)

蔵元の概要

会社名 霧島酒造(株)
所在地 宮崎県都城市下川東4丁目28号1番
創業年 1916(大正)5年
杜氏名
紹 介
環 境
歴 史 1916(大正)5年、宮崎県都城市川東にて、創業者 江夏吉助が前身の「川東江夏商店」で本格焼酎の製造を開始。

1933(昭和8)年、「霧島」の商標登録を受ける。

1971(昭和46)年、販売量の増加に伴い、工場を増強。
本格焼酎だけの単一工場としては当時日本一の規模となる。

造 り

豊かな滋味と風味を持つ最高のさつまいも。

霧島酒造の商品哲学は“最高の素材をもって、最高の味わいが生まれる”。
本格焼酎「白霧島」をはじめ、霧島酒造でつくる、いも焼酎の原料となる甘藷(かんしょ=さつまいも)は、南九州の肥沃な土壌を活かして栽培する 「黄金千貫(こがねせんがん)」という品種を使用しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。