江戸時代、大分はまだ清酒王国で、清酒粕を原料に「粕取(かすとり)焼酎」がつくられていました。昭和26年、麦の統制撤廃とともに本格的な麦麹の開発が始まり、昭和47年、おりしも健康食ブームで麦の栄養価が見直されだした頃、優れた麦麹の開発に成功し、麦麹と麦を原料にした麦100パーセントの大分の本格焼酎が誕生したのです。

香ばしく、まろやかな味、口あたりよく酔い覚めさわやか。そんな大分の本格焼酎は時代の趣向にマッチし、またたく間に全国に焼酎ブームを巻き起こしたのでした。