五一ワイン 林農園

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

五一ワイン

 

良いぶどうを育てる豊かな大地

新たなるワインのふるさと 信州塩尻・桔梗ヶ原

雄大な北アルプス、南アルプス八ヶ岳連峰に抱かれる山紫水明の地、信州塩尻。その豊かな自然に抱かれ悠々と横たわる北緯36度、海抜700メートルの丘陵地帯「桔梗ヶ原」。

日本有数のぶどう・ワインの産地として脚光を浴びているこの果実郷に、五一わいん醸造元の「㈱林農園」があります。

本社に隣接して広がる7haの広大な自社農園では、ワイン専用品種のぶどうが栽培され、ワインはもちろんブランデー、果汁なども生産しています。特に高級赤ワインの原料「メルロ種」の栽培に適した土壌・気候を有し、世界のワインマップにも登場するほどになりました。

自社農園のほか、約100軒の契約農家で栽培されたぶどうを原料として様々なタイプのワインを醸造しており、自園の「メルロ種」・「シャルドネ種」の栽培に特に力を注いでいます。自然の恵を生かしたワイン造りは、県内外のワイン愛好家の方々のみならず、世界的にも高く評価されています。

2011年度には新たに、塩尻市柿沢に5haの自社農園「柿沢農場」を開きました。標高800m、桔梗ヶ原のワイナリーよりも100mほど高地で気温も1度ほど低くなります。

標高の高いこの地では、収穫量が減るとして契約農家が手を出しにくい垣根式で、メルロー・シャルドネ・ピノ ノワール等を栽培しています。

社 名 株式会社 林農園
所在地 長野県塩尻市大字宗賀1298-170
葡萄園 自社農園 71ha

契約農家 100軒

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。