キンタ ダ カサ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 キンタ ダ カサ

Quinta da Cassa

  http://ruimadeira.pt/vinhoqdacassa/

キンタ ダ カサ ドウロ ポルトガル

 

ルイ ロボドレ マディラとの信頼関係が、がっちりとつながっています。

3つのキンタを所有するこの一帯で一番大きいオーナー、アントニオ ロッシュ(1936年生)が所有しています。ルイ ロボレド マデイラが、畑を自由に使える契約を結び、ワインを造っています。ルイ ロボレド マデイラによってはじめてキンタのブランド名のワインとして販売出来るようになりました。ロッシュは、ルイ ロボレド マデイラの全ての仕事、畑作業から醸造そしてラベルデザインにいたるまで、全面的な信頼と敬意を寄せています。また、ルイ ロボレド マデイラもロッシュには非常に感謝していて、相互の信頼関係ががっちりと繋がっています。訪問した際、当時75歳のロッシュが、ドウロ川沿いの高低差が激しく湾曲した細い道を自身で運転するのには、驚きと心配が尽きませんでした。
キンタと名乗るワインは、ドメーヌやアジェンダ アグリコーラと同様に、100%自家葡萄を使い、醸造からボトリングまでの全行程がキンタで仕上げられたものに限られます。現在は、生産量を増やすため、違うキンタの葡萄も使うことになり、ワイン名にキンタの表示が無くなりました。

オーナー アントニオ ロッシュ
葡萄園 20ha すべて急斜面に位置する、ドウロでも大変恵まれた畑
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。