《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

 

生産者紹介 ドメーヌ ロジエ

Domaine Rosier

https://domaine-rosier.com/

ドメーヌ ロジエ ラングドック・ルーション フランス

ミシェル ロジェはシャンパーニュ出身

造るワインは、ブランケット ド リムーとクレマン ド リムーです。葡萄が大量に必要となるため、使用する葡萄の80%は20人の農家からの買い取りで、彼らとは20年来の付き合いです。

醸造には、冷水が循環するシステムのタンクを使用しています。18度で発酵をコントロールしています。葡萄は、品種ごとにタンクで10日間発酵させています。イノックスのタンクには、絞ったジュースを一日入れて、澱を沈殿させます。この時、14度まで温度を下げます。発酵後のジュースは、外の保管庫に入れます。ここは、温度コントロールのシステムはありません。なぜなら、タンクに入れる時期には、すでに寒いので、その必要がないからです。熟成が終わったら、ジロパレット(自動動瓶機)に入れて、一週間機械で回します。2~3日で澱を集められますが、念のため一週間置いています。

他の生産者との違いは、オーガニックで造っていることです。自然なナチュラルテイスト、バニラや木の味ではなく、ピュアな葡萄の味わいを目指しています。自然な味わいこそ、自分たちの味と考えています。平均的な味わいにする為に、
①毎年同じ作業をすること。
②試飲して同じように造ること。
③酸をコントロールして、同じ程度に抑えています。
また、1980年頃から同じエノログと作業していて、毎週分析しています。

歴史 1982年 シャンパーニュからオードのヴィルロングへ移住。古い葡萄をシャルドネ、シュナン、モーザック等に植え替える。
1983年 初めてのキュヴェを600本生産。
1984年 ブラッケット ド リムーを6,000本生産。
1985年 ヴィルロングが手狭となったため、リムーへ移転。
現在、650,000本のブランケット ド リムーとクレマン ド リムーを生産。
オーナー ミシェル ロジェ : シャンパーニュ出身。
葡萄園 31ha  モーザック 20ha、シャルドネ 6ha、シュナン ブラン4ha、ピノ ノワール1ha   平均樹齢20年
葡萄畑は標高250mのなだらかな斜面の丘に位置しています。土壌は、粘土と石灰質です。気候は大陸性気候の影響を受けています。
栽培 オーガニック 自社畑は無農薬、有機肥料。買取り葡萄は、資料を確認して、無農薬のものを購入。
過剰な施肥、トラクターによる土壌硬化、除草剤の常用を避け、土を深く耕し、土壌の自然なバランスを保ち、病気への耐性を高めるようにしています。

引用データ:(株)稲葉

お取り扱いワイン