シャトー ラ チュイルリ

《自家葡萄園元詰のワイン》 生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介  シャトー ラ チュイルリ

Château La Tuilerie

シャトー ラ チュイルリ ボルドー フランス

1860年にラブテ家が所有してから、代々と引き継がれ、現在は4代目のディディエが妻のシルヴィ、2010年からは娘のオレリーも加わり、家族でワイン造りを行っています。シャトーと畑は「グロロー(Groleau)」と呼ばれるコート ド ブールの中でも最も標高の高く見晴らしのよい南向きの斜面に位置しています。

オーナー ディディエ ラブテ
所在地 コート ド ブール
葡萄園面積 4ha
葡萄品種 メルロ80%、マルベック10%、カベルネ ソーヴィニヨン5%、カベルネ フラン5%
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。