シャトー メイネイ

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー メイネイ

http://www.meyney.fr/

シャトー メイネイ ボルドー フランス

メドックで最も古い地所の1つ

1662年に名前の記録がある修道院のでした。この土地はジロンド河口の最高の丘の上に広がっています。ブドウの列に沿って横たわる川は、雄大で穏やかな風景を作り出しています。数世代にわたってルエケン家が所有し、1919年にデジレコルディエ氏に買収されました。2004年、クレディアグリコールグループの子会社であるCAグランクリュがシャトーメイニーを買収し、傑出したクリュに。土地全体の改善計画がまとめられました。現在は、テクニカルディレクターのアンルナウルとワイン醸造家でコンサルタントのユベールドブールによって監督されています。

CAグランクリュは、他にもボルドーの名門、シャトー・ド・レイン、特級ソーテルヌ、シャトー・グラン・ピュイ・デュカス(ポイヤック特級)、シャトーメイニー(サンテステフ)、シャトーブレニャン(メドック ブルジョワ級も所有しています。

オーナー CAグランクリュ
所在地 メドック(ボルドー地方)
葡萄園面積 51ha
葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー30%、プティ・ヴェルド10%(平均樹齢は35〜40歳)

シャトー公式HPより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。