シャトー トロンコワ ラランド

《自家葡萄園元詰のワイン》
生産者が、葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで丹精込めて行い生産量も限られた手作りの逸品です。

生産者紹介 シャトー トロンコワ ラランド

Château Tronquoy-Lalande

http://www.tronquoy-lalande.com/

シャトー トロンコワ ラランド ボルドー フランス

サンテステフの最も古く最も美しいワインの一つ

サン テステフ アペラシオンの中心に位置するシャトートロンコワラランドは、サンテステフで最も古いワインの1つです。その名前の由来は、この土地の最初の所有者であるフランソワトロンコワと、城の歴史的なプロットが植えられているラランドと呼ばれる場所にあります。18世紀に、ボルドー大劇場の建築家ビクタールイの設計に基づいてトロンコワ家のために建てられた注目すべきシャトーの周りにブドウ畑が広がっています。

オーナー マルタン&オリヴィエ ブイグ兄弟
所在地 サン テステフ(ボルドー地方)
葡萄園面積 30ha
葡萄品種 メルロ49%、カベルネソーヴィニヨン45%、プチヴェルドー6%
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。